雑記
雑記

八角神社(おやすみさま)と私の家族史と

昨年の秋ごろに引っ越しをしまして、隣町から自分の生まれ育った町、会津若松市に戻ってきました。年明け早々、とても個人的な話ではあるのですが、生まれた土地の神々とのご縁というのを感ぜずにはいられない出来事があったので、忘備録的に記しておきます。今年の元旦のことです。0時過ぎの年明け早々、若松市内に住むのは初な夫氏もいるし、せっかくだから、いろいろ地元の寺社仏閣を初詣でしようということになり、深夜の散歩に向かいました。今住んでる場所の氏神様、田中稲荷神社、神明神社、鶴ヶ城(元旦に行くと焼き印の入った杓文字もらえる)と色々回りまして、それで最後、家に帰る道すがらもう一社寄ろうと、八角神社に寄ったのでした。八角というと、多分市外の人は「はっかく」と読んでしまうと思うのですが、「やすみ」と読みます。そして私たちは、八角神社を「おやすみ様」と呼んでいます。 到着したのが深夜2時過ぎ、さすがに境内に人も居らず、境内は静まり返っており、さっとお参りして帰ろうと思ったのですが、お賽銭箱の前に「先日、不思議なことがありました~」と書かれた謎の張り紙がありまして、つい立ち止まってしまいました。どうやら、神社の境内で心霊?神霊現象があり、それを収めた動画がYoutubeに載っているというような内容で、ムーとかオカルト大好きな夫氏が食いついておりまして。すると、拝殿の中から宮司さんが、スッと現れまして「よければ、中にお上りください」と声を掛けられたのでした。夫氏は帰ろうとしていたのですが、このタイミングでお声がけいただいたことに、何かご縁みたいなものを感じたので、お言葉に甘えさせていただき、拝殿の中に入れていただきました。 宮司さんに八角神社の歴史や不思議なお話、神霊現象の動画も見せていただきまして、宮司さんの不思議体験などもたくさん聞かせていただきました。境内で神様の悪口言った人や不敬を働いた人が怪我したり、亡くなったりした話も聞きまして、実際に神様への不敬はこういう形で影響出るんだな…と思ったのと、あと、おやすみ様現役つよつよじゃん!と改めて思ったというね、本当はご祭神どなたなんだろう、、。(公式では伊弉諾尊・伊弉冉尊の2柱なのですが)とても興味深く、結果、深夜にも関わらず長々とお話し聞かせていただいてしまいました。宮司さんは元々米沢の神社の方で、ご縁あっておやすみ様も兼任してくださっているそうです。宮司さん、とても神様を大切にされている印象で、戊辰や過去の火災などで、詳しい歴史があまり残っていない八角神社の歴史をまとめたいと思っていらっしゃるそう。以前、私も八角神社のことを少し調べたことがあって、とても古い神社で、昔は大きな神社だったようなのですが、詳しく分からないのですよね。長い歴史の流れでいろんなことが変わってしまったことは想像に難しくありません。また飲み屋街の近くにあることや、近年は近所で事件などもあったり、少し荒れているのかな?という印象もありましたが(実際にお参りすると好きだな、良い神社だなと思うのですが)、良い宮司さんに来ていただいていたのを知れて良かったなと思いました。 さて、何故おやすみ様のことをこんな風に書いているのかということなのですが、元旦の上記のちょっとした出来事を切っ掛けに、やはり、おやすみ様は自分にとって縁深い神様だなと、改めて感じたからなのです。ちょっとその辺を綴っていこうと思います。 八角神社から私の実家の位置というのは、距離的には氏子と言うには少し離れてはいるのですが、七五三、成人式と人生の節目節目では、おやすみ様にお参りして写真を撮るというのが恒例行事になっておりまして、また、小さい頃は祖母や父に連れられて毎年、おやすみ様の夏のお祭りに出かけて行ったりと、家族にとってとても思い出深い神社なのでありました。我が家が折々に、おやすみ様に通っていたのにも、実は理由があります。父が20代のころまでは、実家は今の場所ではなく、おやすみ様のすぐ傍にあり(今は雑居ビルになってますが)、元々は、おやすみ様の氏子だったのでした。おやすみ様が今より大きかった頃は、昔の家が建っていた場所は、おやすみ様の境内だったような所でした。我が家の井戸からは良い水が出たそうで(八角神社のお水なので所謂、宮水みたいなものでしょうか)そこから汲んだお水で某酒造さんがお酒を造っていたというのを聞かされておりました。八角神社の摂社に酒造りの神様である松尾社があるのも、そういったことが関係しているのかなとも思っています。 ↑実家にあった八角神社の前で撮られた写真。前列一番右が祖父。 そして更には、我が家の高祖母(祖父の祖母)は、舟石峠(滝沢峠)という、峠で茶屋を営んでいたのですが、舟石峠とは、八角神社の神様が乗ってきたという伝説の舟形の巨石の御座します峠で、その巨石の少し上の方に茶屋はあったのでした。滝澤嶺 岩越鉄道名勝案内誌(明治35年)国立国会図書館 デジタルコレクションその茶屋には、祖父が生まれるまで、曾祖父と曾祖母、そして高祖母は住んでおり、そこから偶々だと思うのですが、八角神社近く(舟石峠→旧:槻木町→旧:上六日町)に引っ越してきたのでした。また祖父だけでなく、祖母の実家も八角神社のそばにありまして、数世代前から八角神社とはご縁があったわけです。小さいころから、それを聞かされて育ってきたので、おやすみ様の存在というのは当たり前すぎて改めて深く考えることなく。大人になってからは、町中で呑んで実家まで帰る道すがら、通りかかったらお参りする程度になってしまっていました。 それが今回のことで、新年早々ハッとしたといいますか、中に上げさせてもらったのも、私が勝手にそう思ってるだけですけども、おやすみ様から「お帰り」と言われているように感じてしまったのですよね。色んな神社に行って、ブログで記事も書いたりもしましたが、今後はおやすみ様の記事を書かなくてはとも思った次第。できる限り歴史のことなども調べられたらいいな。 とはいえ、今回書けるのはごくごく個人的な自分史の確認の話で、人様が読んで楽しいわけないなと思って、今日まで途中まで書いたものを取り合えず下書き保存していたのですが、先日、会社で同僚たちが雑談しているところを通りかかったら、「八角神社」の話をしており…「私たちは、おやすみ様と呼んでいて~」というのが聞こえてきて、ブログに書こうとしてる一文と全く一緒だったもので、催促されているような気になって、これを最後までまとめ直したのでした。 八角神社 明治神社誌料:府県郷社 国立国会図書館デジタルコレクション八角神社 会津繁昌記  国立国会図書館デジタルコレクション郷社八角神社 若松郷土誌 国立国会図書館デジタルコレクション

幻想を、ひろいあげ、かたちにしていく

3月に書いていた記事をタイミング逃してそのまま下書きフォルダに入れていたのですが、成仏させるために(笑)このタイミングで加筆修正して公開します。 3月の誕生月に、出張で都内に約1週間ほど滞在しており、その機会を使って、仕事終わりに、某先生に占星術で個人鑑定をお願いして、濃厚なお話が聞けたのと、別な先生の12星座の講座で魚座の回を聴講したことにより、改めて己の特性<魚座的なもの>を深く認識することとなりました。それにより、自分の特性をもっとうまく活かしていきたいと思うようになりまして、そのあたりのことを、魚座のことと絡めて取り留めもなく綴ってみたいと思います。 …サテ、太陽・月・水星・MC魚座という魚座剛の者である私なのですが(笑)、みなさんの魚座のイメージってどんなものですか?夢想家、不思議ちゃん、現実離れしているというようなイメージで語られることが多いように思います。それは守護星が幻想や酩酊の星である海王星だということからも想像しやすいですが、魚座の象徴は読んで字の如く「魚」であり、足がなく、尾びれを使って水中を自由に泳ぐ姿からは、大地との繋がりは希薄なように感じられることなどからも、現実離れしているというような連想ができるのではないでしょうか。 しかし、12星座と人体の各部位との対応を見ていった時に、魚座の対応する部位は、実は<脚>になります。脚というのは、大地・現実世界と接続する大切なパーツです。魚には脚がないのに、脚がキーになるのです。占いサイトなどで脚がウィークポイントとかチャームポイントとかそういった感じで書かれているものはよく見ますが、より深く人体との各星座の対応を見ていくと、一つの星座に対する解釈と理解に広がりが生まれるように思います。 前述したように魚座は夢想家、不思議ちゃん…というのは、我々の社会の中で生きていくのにはどちらかというとネガティブな意味合いの言葉だと思います。魚座が現実でないところを見ているという、地に足ついていないというのは、多かれ少なかれ間違いないでしょう。しかし、魚座が現実世界からまるきり切り離されたところにいるかというと、人体の部位で<脚>に対応しているということなどからも、それはそれで違うように思います。 もう少し自分の感覚で語るのであれば、魚座は、ごくごく世俗的な現実の生活を営みながらも、そこからとてもかけ離れているようなファンタジーの大海の中を即座にどこまでも泳いで行けるというようなイメージ。<肉と霊の二足の草鞋>というような感じでしょうか。なので、大地に接続する脚を通して、夢の世界を現実に降ろす=具現化するということが、魚座にとってとても意義深いことなのではないかと思っています。 しかし、その具現化は、やはり魚座なのでお堅いやり方といいますか、世界のルールみたいなのからは逸脱している方が魚座らしい気がします。この社会に役立つ方法でとか、万人にわかりやすいように…とか。そういうのを考えたりすると途端に面白みに欠けるのではと。それがなくても社会の機能は回っていく、無駄で意味のないものだと思われるようなもの、いわゆる音楽やアートなどを通してだとか。 ファンタジーの世界、目に見えないものから得たものを、何か遊びのようなものとしてこの世に顕現させたいと思うのと同時に、けれども、かと言って、それらをこの世界の枠組みの中に納まるような形に降ろしてきたくはないという、天邪鬼的な思いのようなものが、私の中に常にあります。夢は夢だから美しい、夢を夢として楽しもうじゃぁないか。<あちら>にこちらの都合で名前をつけたくないというような。夢を遊ぶ心がないと、粋じゃないと思っている節があるので、どうやってその見えない世界を顕現させるのかというのは、まだ答えが出ておりません。 此岸にいて彼岸を見ている。もしくは彼岸にいて此岸を見ているような、【あはひ】とか【余白】の感覚。こういう、余白のようなものが魚座的ではないかなとも思ったりします。私の場合は、占星術で魚座以外の部分を見ても、どうしても<あはひ>的な要素が多いので、通常より多くそう思ってしまうのかもしれません。…しかし!です、魚座に「ふらふらしてないで地に足着けて生きた方がいい」と言ってしまうのは、とてもごもっともなのですが、上記のような性質から推測するに、魚座の特性を殺しかねないのでは?とも思っています。若いころは「もっと地に足着けて生きるように、」と他人から言われて、それがうまくできなくて、ほんの一寸悩んだりもしました。(ほんの一寸なのがポイントですよ)でも、夢を見ない魚座、<あはひ>でない魚座ってどうなのよと思うのであります。余白のない世界の味気のなさよ。 また、優しいや繊細で語られる魚座ですが、荒々しい海の一面、怒れるポセイドン、津波などのイメージからも、海が豊かで穏やかなだけのものでないことはイメージできますよね。自分の感覚としても、魚座の私は決して優しくない、意外と好き嫌いが多いし、外には見せなくても心の海は荒れ狂っていることがあります。笑海のようにすべてを許容する一方で、自分の染まりやすさを良く知っているからこそ、敢えて嫌いなものは徹底的に線を引くという一面もあります。(嫌いなものにも影響されたり、好きになるまではいかなくても慣れてきて嫌いじゃないかもと思い始める可能性があるので) そして魚座といえば、眠りというようなことも聴講した講座では言及されてましたが、魚座=眠り、夢は、実感深く。眠りが私の人生をいかに豊かにしれくれたかということは、語っても語り尽くせないぐらいです。単に眠るのが好きなだけでなく小さい頃の記憶は現実の出来事より、夢で見た美しい景色や薄暗く恐ろしい景色の印象の方が色だけでなく音や感覚を伴って鮮やかです。そしてその夢を日記にしたためたり、時にそれを元に物語を作ったり、絵に起こしてみたりなどして遊んでいました。未だに、不思議な夢見たりするとブログやSNSに書き綴ったりもしていますね。 「夢見」や「想像する力」、というのをもっと楽しんでもいいのでは?というのを、最近ようやく思えるようになってきました。大げさに言いたくないのですが、所謂、霊感、霊能みたいなものに分類されるものも含め。見えたものを無理やりに審神者するのでなく、予言や予知では決してなく、トランス状態になって見たもの聞いたもの得たものを表現するというのは面白い試みだと思うのです。審神者せずに…と上で言いましたが、ファンタジーとして楽しむ分には、見えたものに自己流の意味づけをするのも良いでしょう、楽しむ分には。(強調) 私も夢見やイマジネーションの力をずっと無い物として過ごしてきたけど、これからは夢や白昼夢(寝てないときに見るイメージ)で見えた景色や物語を素直に表現していきたいなあと、このところ思うのです。魚座に具現化を表す土星が入ったからか、何か目に見えないものを形にしたいという気持ちが出てきたのです。 この特性を、これからの10年どう活かしていけばいいのか。また模索の日々でございます。

時代の熱気 カウンターカルチャーのこと

2021年の夏ごろから、カウンターカルチャーの歴史とか背景について興味を抱くようになってきました。 近現代史より、縄文~古墳時代にロマンを感じていた私でしたが、魔術や占星術を学ぶうちに60年代~80年代のカウンターカルチャーからニューエイジの文化史が気になってきて、その辺のこと詳しく知りたい~と思っていました。 そんな2021年の秋、某先生がZoomでの占星術講座で、トランスサタニアンを扱うとのことで、これは絶対に受講したいと申し込んだのですが、 そのトラサタの講座で50年代~カウンターカルチャー~ニューエイジカルチャーへ至るアメリカ文化史のことをさらりと、しかしとても分かりやすく説明されていて、とても興奮したのでした。 なぜ、カウンターカルチャーが気になりだしたかというと、NHKの特集で、LGBTの歴史において象徴的な1969年のストーンウォール事件のことを取り上げた特集が放送されていたのを偶々見て、前時代の慣例をぶち壊すようなこの時代特有の爆発的なエネルギーに何か感銘を受けたからなのでした。 また別な某先生の講座を受講した折に、有名人のサンプルチャートで、スティーブ・ジョブズの話になり、「パソコンとヒッピー」という本が話題になりました。 自分の中のヒッピーのイメージはというと、反戦、フリーセックス、LSD、自然回帰というイメージで、むしろテクノロジーとは逆行した人々のことだと思っていたのですが、ヒッピーの中にもジッピーやテクノヒッピーと呼ばれるような、テクノロジーの進歩が人間の能力を拡大し社会を変革するという考えの人たちがいたということ、 その当時、コンピューターは、大企業や軍などが中央制御するための「権威」としての象徴でした。 その権威に反抗する形で、コンピューターが個人を開放するツールになると考えた若者たちが「パーソナル(個人の)コンピューター」を作ったというのを知り衝撃を受けました。 私個人としては、ヒッピーに対してあまり興味がなかったし、そんなに良いイメージ持ってなかったのだけど(近代科学を否定し、強いオーガニック信仰を持ち、○麻とかやってるという勝手なイメージがありました、すみません)しかしこのパーソナルコンピューターをはじめとするテクノロジーが個人を開放するという思想には、強い共感と憧れを持ったのでした。 占星術で言えば古い権威は「土星」、権威に反抗し、既存のものを破壊して新しいものを創るというのは「天王星」の役割。 個人的には行きつく先がディストピアだとしても、カウンターカルチャーのイメージにぴったりくるのは、自然回帰ではなく、良きにつけ悪しきにつけテクノロジーによる個人の拡張な気がします。 心理学者のティモシー・リアリーは、1966年に”Turn on, tune in, drop out “(スイッチを入れ、波長を合わせ、脱落しろ)というスローガンを作ったそうですが、晩年彼は「パーソナルコンピューターは90年代の新しいLSDだ」と提唱し、”turn on, boot up, jack in” (「電源を入れ、起動して、接続しろ」という新しいスローガンを提案したそうで、 何それ~~痺れる~~と思ったのでした。笑) 60年代~70年代独特の狂乱の時代は、その時代を生きていない私にも、とても魅力的に映ります。若者が力を持っていた時代。彼らの思想=未来を自分たちの手で変えていこう、きっと明日には、、という熱のようなものは、保守的で内向きな現代の私たちの心にも、何か小さな灯りのようなものを点してくれるような気がします。 あ、NHKで放送しているこのシリーズも大好きで見ています。その時代時代のカルチャーって本当におもしろいな。

AIに絵を描いてもらう時代

オンラインショップのトップ画像などを自分で撮った写真から、話題のmidjourneyでAIに描いてもらった絵に変更しました。今後またいいなと思う写真が撮れたら差し替えます。 しかし色んな画像生成AIありますね~。私はmidjourneyしか試したことはないのだけども。midjourneyの洋風ダークファンタジーな感じが好きでね。 あと画像生成AIを脅威に感じる人もいるみたいだけど、それを脅威に感じるということがディストピアものっぽくて、妙にワクワクしてしまう。…と言ったら不謹慎になるだろうか。一寸先が見えなくても、新しいことは試したいし、新しいテクノロジーや技術を楽しみながらそれを活かすほうが面白いと思うのだ。

世界を斜めに切り取るのをそろそろ辞めろよ

偏らないようにしたいと思うあまり、ものすごく偏った窮屈なものの見方になっていたナァと気づく水星逆行のこのごろ。世界を斜めに切り取るのをそろそろ辞めろよ、自分の傷を持て余してんなよ。と、おれはおれに言いたい。 逆行中に何かが突発的に起きるというよりは、逆行前に見過ごしていたミステイクや不具合が、うまくいかなくなるのが逆行で、それの調整をする期間だというのを、誰かのツイートで見たけれども、本当にそうだなぁと思う。あと懐かしいものを見直すというところで、昔の写真を整理したり、コロナで3年行けてなかった推しのコンサートへ。あの頃の感覚を蘇らせるということをやってました。エモ。 ブログを新しいものへじわりじわりと移行していっています。時折ブログやHPやハンドルネームとかを一新させたくなる冥王星的衝動。SNSやブログで発信しているからには、不特定多数に見られることが前提なのだけども、自分という虚像がひとつのかたちをとり始めると、突如としてそれをぶち壊して誰も知らないところで一からやり直したくなる。 それで新しいところに少しずつ来ているわけだけども。もっと呟きみたいな投稿でもよいのかと思ってます。

誕生日の朝に電脳的な夢を見た

何かから逃げて、地下への重厚なエレベーター、降りたその先に異世界への出発ゲート 仲間と共に原始的異世界への逃避 出発ゲートのロビーにはたくさんのお土産物が用意されていてその中から私は淡い金色のワンピースを手にする花の形のビジューで彩られた素敵なワンピース向こうに着いたら不必要な気もするがこういうものは向こうに無いから、思い出として向こうで着ようと思う ゲート前に立ち、さあこれからいざ出発! ・・・というところで目が覚めてしまいました。がっかり。笑 夢の中で何かに追われるような、パニック映画さながらの夢をよく見るのですが追われて逃げていくと、1回の夢で逃げ込む先や場面がめちゃくちゃ移り変わっていって、その場面ごとに空気感ががらりと違っているのが面白いというか。そして結末は、だいたい逃げ切れずに捕まって終わりか、逃げている途中で目が覚めるというのが定番なのだけど、ふと、これって地上や自分の肉体から離れて、意識?や夢の階層がどんどん深くなったり(移行したりしている)ことなのでは?と妄想めいたことを考えてしまいました。 本日、37回目の誕生日を迎えました。魔術的目覚めで大変気分がいいです。 今年一年、金色のワンピースを纏って、より変態的にオタク道つきつめていこうと思います。あと記事ももっと書くようにします。笑

2020年もありがとうございました

https://atcanum.thebase.in 2020年もarcanumをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。本当にお世話になりました。 オンラインショップに先程、今年最後の商品をアップしました(^^)ザギマウンテンクォーツと、マダガスカル産の縞瑪瑙。どちらも美しい石です。 皆様、良き年をお迎えくださいませ。2021年もどうぞよろしくお願いします。 Anna

11月も終わっただなんてそんな

皆様こんにちは、ほんっとーーーにお久しぶりです。記事を投稿するのが夏ぶりということに驚愕しております、Annaです。SNS等で見てくださっている方は、のらりくらり生きてることは知っていらっしゃることと思いますが、もしこのブログだけ見てらっしゃる方いらっしゃいましたら、生きておりました。と、いうことはお伝えしたいです。笑 今年は誰しもが、言うところの「新しい生活様式」をされていたのだと思いますが、コロナ云々もありますが、一個人としても「新しい生活様式」の一年でした。 今年、祖母宅の小屋を改装して、そちらに引っ越しまして、6世帯の集落での祖母との共同生活をスタートさせました。そして、もうひとつ、大きなイベントとしては、7月に入籍しました。籍入れて初めて分かる女性側の手続きの多さよ、、、すっごいめんどくさいですね。通帳から免許書から何から何まで変更するの骨が折れました。色んな意見あるかもですが、さっさと夫婦別姓、法律でできるようにして欲しいとほんとに思いましたね。もう2020年だもの、普通にできるもんだと思ってたよ。それに付け加え、夫氏の住民票が実家(現住所から車で1時間ほど)にあり、更には戸籍が前に住んでいた所沢になっていたため、二か所に問い合わせしなくちゃいけないのも大変でした。そんなこんなで引っ越しと結婚にまつわる色んな手続きと片付け(今後も継続…)で日々追われておりました。 年末年始に向けて、今頃だったら恒例となった特別なアクセサリーを製作している頃ですが、あれよあれよという間に、こんな時期に…。特別なアクセサリーは年明けてからかな、なんとなく構想はしています。。。(遠い目) せめて何かクリスマスに合わせ皆様にご紹介できればと思い、信頼できる方からヒマラヤの美しい水晶を何点か仕入れてきましたので、そちらをご紹介しますね。まずはいつもarcanumのアクセサリーを購入くださっているリピーターの皆様へ先に秘密のURLを載せたメール(メッセンジャー等)でお知らせいたします。 色んなことがめまぐるしく、そして今までとはガラリと変わっていく世の中の状況で、できないこと・できなくなったこと、にひとつひとつ対応していかければならない中、それでもなんとか年末まで来たなぁという感想です。世界的に大変な状況の今なのですが、個人としてのイベントが多岐に渡ったため、一喜一憂してる暇がなかったというか。イベントに付随してたくさんの新しい人と関わる1年ではありましたが、自分と家族の生活や喜び以外のことにはとても鈍感な1年でもありました。何かを感じ取る繊細さはもちろん大切にしたいのですが、過剰さが取れたような感じですかね。本当に必要な神経回路だけ残してあとは外した感じでしょうか。外しすぎかな?いや、今はそれでいいんだと思う。 前々回のブログに記したかと思いますが、西洋占星術の勉強も改めてし直しておりまして、継続中です。占星術の勉強は、そのバックグラウンドにある西洋史や西洋思想の勉強でもあり、その筋の先達の講座はめちゃくちゃ面白くて、とにかく毎回シナプス増えていくような嬉しい感覚を味わっております。 来年はどんな年になるだろうか。楽観しているわけじゃないけど、見通せないということはそこに何かの種があるような気もしています。 ではでは皆様も良き年末をお過ごしください。(ちょっとはやい)