歴史
歴史

自分の中の変態性を極めろ

タイトルがあれな感じですけど(笑)、変な意味じゃなく。その道を突き進んでる人たちって、ある意味変態的な「拘り」みたいなものがあると思うんですよ。そういう人たちのお話って本当に面白い。で、そういった興味がない人からは、まったく理解されないであろうその拘りや探究心を、どう高めてくかっていうのは、物を作る人間としての私の中の課題ですね。そんなことを思わせてくれるような、各界のスペシャリストたちのお話を先週末はお聞きすることができたので、こんなタイトルです。 先週末、実は会社早退して車すっ飛ばして糸魚川のミネラルフェア行ってきました(爆)糸魚川の滞在時間、約1時間。ミネラルフェアだけ見て帰るという強行軍。目的地にいる時間より移動の方が長いのはいつものことなので特に気にしてません。むしろお目当てのブースさんでヒマラヤ水晶お迎えできたことで大満足でした。去年別なミネラルショーでこの方のブースをお見かけして、石の美しさ力強さが頭に残っていて、ようやく糸魚川にて購入できました。 大きい方はサインジ谷のもの。中にバブル(気泡)が立ち込めておりとても神秘的な雰囲気。 小さいのはパールヴァティーのもの。中にファントムが入っています。どちらもこのクリアさとギラギラした輝きに惹かれました。そして表面のリモナイトが残ってる雰囲気が美しいですTT 少しだけですが、ブースのお兄さんから現地での買い付けのお話とか、石の話を聞けたのですが、そのお話しぶりから石への拘りが伺えて、その拘りっぷりが本当に気持ちがよかったです。現地の卸業者の手を通すと、すべてアシッド(薬品で洗浄)されてしまうそうで、そうなる前の水晶を村を回って買い付けているそうです。また、透明度や形、リッジの入り方などにもとても拘っていらっしゃって、そんな厳選された水晶たちを私たちへと橋渡ししてくれる透明なお兄さんの審美眼にただただ感激したのでした。 そして帰ってきて次の日は、喜多方市の灰塚山古墳のシンポジウムに参加してきました。 灰塚山古墳は福島県喜多方市にある前方後円墳です。2017年に男性の全身の人骨が発掘され、顔が復元されたことでニュースにもなりました。日本は酸性の土壌なので、古代人の骨が残っているのはとても珍しいことで、それが地元会津地方で出てきたことにはとても興奮しました。そもそも会津地方の古墳時代以前の歴史にとても興味がありまして、そのころどんな人たちが会津に住んでいたかを知ることができればとずっと思っていました。灰塚山の発掘を指揮した東北大学の辻秀人先生の発掘調査報告書も読んでおり、そろそろ第9次の発掘調査報告書がネットでも読めるころかな?検索していたら、なんと上記のシンポジウムが開催されることを知りました。 考古系のシンポジウムなんて行ったことないし、私なんかが聞きに行っていいものなのかわからず、発掘の仕事をしている友人に「シンポジウムとは?」「素人参加していいの?」と面倒なLINEを送ってしまいましたが、結果、聞きに行くことができ本当に良かったです!Sさんごめんなさい!! 今回は発掘調査の報告だけでなく、各分野の第1線を走る先生方のDNA解析や安定同位体分析の結果や、人類学的な観点などから、埋葬された人物像に迫るお話を聞くことができました。先生方によるパネルディスカッションもあり、無料でいいの?!ってぐらい本当に本当に面白かったです。メモ取りまくり。 DNAや骨の成分などから食べていたものや時代、ストレスがあるかないかが分かるなんて面白い時代になりましたよね。(いつの人間だ)まるで海外ドラマのNCISの世界。ドラマの中でアビーがやってることだぜ。。。 それと、古墳時代の灰塚山の人骨のDNAが縄文の影響は残っているとはいえ、現代人の我々ととてもよく似ているということに改めてミトコンドリアDNAのハプログループのグラフを見て驚きましたねー。 「こんなにも僕たちは縄文人と違う。」 という教授の言葉が何だかとっても印象的でした。もちろん私たちの中に縄文のDNAは受け継がれているのだけど、分かる形で、こんなに違うんだということを認識できたのがよかったな。 緻密な作業を丁寧にやる。こだわりを持って、美しい仕事をする。そうすると見える世界がある。 というのはどの分野もそうじゃないでしょうか。先週末、各界のスペシャリストから学んだことです。今週末もとあるスペシャリスト達とお会いしてきます。今日は楽しみとドキドキで眠れないかもしれない。(寝るけどね)またブログで報告しますね。そして色んな製作をがんばります。。皆様お待たせしていてすみません。。。orz

鉱滓と紫水晶

先月、妹と彼氏と、只見町の某川に連続で沢遊びに行ってきました。夏に下見に行って、面白そうな川だなと思って色々調べてみたら、川沿いに道があって新潟まで抜ける裏八十里越のルートだったらしいのです。上流部には鉱山もあったようでなかなか魅力的な場所です。 川をひたすら遡上して2時間弱のポイントまで行ってきました。水がとっても綺麗!透明度が高く、静かで美しい。素晴らしい場所です。翡翠色の水面に光が反射する様はとても幻想的。穏やかな流れの場所と、節理の壁の小さなゴルジュが何個かあり、遊ぶのにも難しすぎず簡単すぎずのバランスの取れた川でした。 動物の足跡もたくさんあって、只見の豊かな森をますます実感しましたね。ジャスパーにパイライトが共生したものも転がっていて石好きにもたまらん川でした。 地質の資料に○川溶岩部層というワードがあり、前回訪れた時も松脂岩が転がっていたので、これのことだと思っていたのですが、川を遡上すればするほどいたるところに何だか鉄のような溶岩のような謎の黒い物体が落ちています。 ※写真の赤い石は同じ川で拾ったジャスパーにパイライトが共生したもの形が面白かったのでニヨニヨしながら拾ってたのですが、よく見るとそれらの一部には、木炭が含まれるものがありました。 近くの山の噴火が起きた時の溶岩流に巻き込まれた木々かなぁ?と思ったのですが、このへんの只見の石は海底火山の堆積物だろうし、こんなに木々が生っぽい(笑)感じで残るぐらい最近に噴火なんかないだろうし、帰ってからずっと調べてたんだけども、、 これ、溶岩じゃなかったわΣ( ̄□ ̄!!(そりゃそうだ)むしろこれは鉱滓!スラグだ!ということに気づきまして。ハイ。 スラグ(slag)あるいは鉱滓(こうさい)は、鉱石から金属を製錬する際などに、冶金対象である金属から溶融によって分離した鉱石母岩の鉱物成分などを含む物質をいう。スラグは、しばしば溶融金属上に浮かび上がって分離される。 たたら製鉄(たたらせいてつ、英:Tatara)とは、日本において古代から近世にかけて発展した製鉄法で、炉に空気を送り込むのに使われる鞴(ふいご)が「たたら」と呼ばれていたために付けられた名称。砂鉄や鉄鉱石を粘土製の炉で木炭を用いて比較的低温で還元し、純度の高い鉄を生産できることを特徴とする。近代の初期まで日本の国内鉄生産のほぼすべてを担った。 (wikipediaより抜粋) 川を遡上している時にほんっとーにたくさん落ちてたんだけど、かなりの量の金属を(たぶん銅?)製錬していたんだね。なんでこんな辺鄙なところに昔の人は道を開いたのかと謎でしたが、鉱山でしたか。なるほどなるほど。このあたりにはかなり古くから鉱山が沢山あったみたいで、会津の鉱山関係の資料に何個か地名が見つけられます。只見町の資料やより詳しい鉱山資料を探してみないと、時代とかの詳細は分からないけど、思いがけず歴史を感じました。 水がとっても綺麗なのに川に魚が少ない…というか殆どいないのが不思議だったのだけど、そういうわけだったんだね〜。あと、スラグが場所によって多いところと少ないところあるなと思って歩いてたんだけどさ、それ鉱山か精錬所(たたら場)のあった場所じゃなかろうか。フム、興味深いですわ。これはこれで本当に貴重な発見だなあと、そしてスラグの形が格好良くて持ち帰りました。 スラグ、錬金術的なワークに使えそうでニヤニヤしてしまいます。不純物を取り除いて純化し本質にする。自分の持っているもの(技術など)をより練り上げて、付加価値の高いものにする。とかね。 そして1日仕事行って次の日にはまた只見に。この日は彼氏と二人でしたが、前々日に行った川の隣の沢へ。沢の橋の手前の空きスペースに車を止め、谷を藪に掴まりながら下りて行きました。ここの上流にも鉱山があり、手持ちの資料に産出する鉱物に紫水晶を伴うという表記があったので、川辺の石にも目を配りながら歩いていきました。 こないだの川よりますます細い川幅で、少し歩くともうゴルジュ帯になってしまいます。本当に本当に小さな沢なのですが、地形のためか雨降ったりするとかなりの量の水が集まるのでしょうね、狭い川幅に巨木がごろごろ転がっており、天然のダムを作っておりました。こわやこわや。。お天気と熊と滑りやすい岩場に注意しながら進んでゆきます。 こないだの川では殆ど魚を見ませんでしたが、こちらは魚がたくさん!登りがいのある滝や壁もあり、天然のウォータースライダーも体験できて楽しかったです。ずぶ濡れだったけど。 そ、そして、こないだの川みたいに面白い石あんまりないなー。紫水晶なんて夢のまた夢かしら、と思っていたら、むっちゃ綺麗な紫水晶発見しました。色濃い!!感激です(TT)   夏の終わりの良き思い出となりました。只見は本当に素晴らしいところだ~~。只見の土地神と精霊に今年の夏も遊ばせてくれたことを、深く感謝。来年の夏はどんな表情の只見と会えるか楽しみです。