孤独の責任
孤独の責任

孤独の責任

 2015年もあっというまでしたね~~~っ。
本格的な冬に向け寒さ増すこの頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?
残りあと一か月ということで、今年の振り返りなど。

今年初め、1年を象徴するカード…イヤーカードをRicca兄貴にトートタロットで出してもらった時、出てきたのは「Death<死>」というカードでした。

紡いできたものの再構築。いままで使ってきたパターンは通用しない。

等等…。
なるほどなー、と思いつつも「Death」って一体何だろう。
何に対してのDeathであるのかが今年後半までピンときてはなくて。
まあ、ある意味昨年末から今年に入る段階、そして誕生日月の3月にも大きく色々考え直すようなことが起きていたので、それかなと。もうそんなにめったなことはそうそうないだろうし、何かあったとしてもそれの見直しなんだろうとそう思っていました。

ところがどっこい、今年後半の海王星逆行…土星が蠍座まで逆行などの天体の動きに沿いながら、見事なまでに「あ、これがDeathの真意ね。」と悟らせるような、大きな波が来まして、私が死なせてあげなくちゃいけない、古いパターンというのは私の人間関係に対する姿勢だったということに気付いたのです。

私は人づきあいが正直苦手なほうです。というのも境界線皆無の魚座気質であるだけでなく、関わること興味のある対象には火星蠍で深く入り込むがゆえに、仲良くなればなるほど相手の領域に踏み込みすぎて、ハッと気が付いた時には関係を腐らせてしまっていたということがね、どうも幾たびかありまして。
それを30過ぎてまで、近年特に仲良くして頂いた方々にしてしまっていた事に気付く案件がありました。

「豊かさを沢山持っているから、うまく循環させないと腐らせてしまうよね。」

これは兄貴に言われた言葉ですが、私だけへの言葉ではなく、豊かさはだれでも十分に持ってると思うから、これを読んでくださっている沢山の方にもあてはまることだと思うのですが、それの使い方が私は本当にへたくそで、お互いに入り込み過ぎて快も不快もわからないような、ある部分ではトートタロットのCUP7のような関係になっていたと思うのです。
そのくせ自分では「ビシャビシャどろどろの関係とか無理!」とか言ってたので恥ずかしい限りです。
何ごとも腹八分目…。ですね。

そんなわけで、考えすぎかもしれませんが自分が人を振り回すことや、反対に人から振り回されるのもものすごーく嫌になって…、そんな自分への戒めもあり、今年後半はキスマイ関係であちらこちら飛び回っているように見え、実はどんどん内側に籠っている時期でした。
その案件以外のことでも、この人の言動をどう捉えていいのか…というようなことがいくつも重なり、自然と外部からの情報をシャットアウトするようになりました。

って、ここまで書くとただの根暗!なのですが、明るく楽しく生きてはいました。はい。笑

人間関係に抱いていた理想と現実とか、人との付き合い方、ひいては社会とのかかわり方、自分がこの社会で表現していくことみたいなものを改めて深く考える時期だったと思います。そういう意味では意義深い1年だったとは思いますが、やはり今年後半は海王星逆行の煽りかモヤモヤ感は半端なかったですね。柔軟宮(双子座、乙女座、射手座、魚座)の皆さんお元気ですか?笑

まあででも、人は毎日少しずつ死んで、生まれかわるとは上手いこと言ったもので、毎日少しずつ死んでいくことで、自分の中に蓄積されたパターンから脱皮したいと思っています。人生なんてそれの積み重ねなのかもしれないですね。
失敗したり、やっちまったわ…と思ったらもうあとは黙って粛々と次はしないための行動を積み重ねてゆくのみだなと。「でも、だって」の言い訳が恥ずかしい…というか、もうできないよなぁ…と思うこの頃。大人になるにつれ、言い訳はできなくなるものだなぁと最近強く思います。そういう意味で言ったら、すべて起きることは自分の責任なんだなと。
今までは人付き合いをするうえで、個としての責任みたいなものが足りなかったんだなあと思います。うまい言葉で表現できないのですが。依存しあうのではなく、個として対するというか。

けしてネガティブな意味ではないのですが、「孤独の責任」っていうのが今年の私のテーマでもありましたね。さて来年は本厄。今年はできなかったことがまだまだあるのでフンドシ引き締しめて←、もっともっと楽しく密に生きていこうと思います。

Anna

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA