パエトンの墜落
パエトンの墜落

パエトンの墜落

私には幼い頃、良く見る夢がありました。

小学校の遠足で担任の先生に引率されながら、クラスメイト達と一緒に歩いていると、着いた場所は何故か夕暮れの海辺…。
私の住んでいるところは東北の内陸なので、歩いていける距離にもちろん海はありません。「ここどこ???」と思いつつも、何故かその景色に引き込まれていって、いつの間にか列を離れ、ひとりきりで浜辺を歩いている私。

右手には薄紅色に染まった大海原。ゆるいカーブの海岸線の先は切り立った岬のようになっていて、ちょうどその岬の上に赤い煉瓦造りの小さなお城が建っています。
そのお城への道は浜辺から上がれるようになっていて、気がつくと私はそのお城らしきものの階段を上へ上へと登っているのです。円形のキープ(塔)の螺旋階段を上り詰めると、大海原が一望できる屋上です。下は断崖絶壁。

そこから私は海を眺めているのです…。
ちょうど夕暮れ時で、真っ赤な太陽が海に沈んでゆきます。
それは今思い出してもとても美しい景色で、鮮明に色彩が蘇ります。
周りには人の気配がありません。

夢の中で私は、しばらく美しい夕日を眺めているのですが、もう夢が醒めそうだな~っていう頃になると、景色は一転、何故そうなったのか前後がよく分からないのですが、私の身は吸い込まれるようにその屋上から、崖下の海へと落ちていってしまうのです。
目の前に波しぶきと暗い海、完全に海に落ちるか落ちないかのあたりで「はっ」と目が覚めてしまいます。
それか急に場面が変わって、さっきの遠足に戻っている。というパターンも。。。

とにかく現実なんじゃないかっていうぐらいリアルな夢なのです。
潮風と潮騒の音、夕焼けに染まる波の色、赤い煉瓦の古びた感触、アーチ型の窓、そして海へ落ちる時の感覚…。

基本的に私が景色を見て、海に落っこちるだけの映像なんだけど、ごく稀に(一度だけかも)たった一人だけ自分以外の人が、出てきた時があったのでした。

10歳前後ぐらいの白いシャツを着た金髪の男の子。
何か寂しそうな感じで私に向けて喋っているのだけどなんだか言葉が良く分からないのだけど、
「僕はここにいたんだ。」みたいな意味のことなんだろうと理解しました。
後からよく考えてみたんだけど、きっと外国語を喋っていたのだよね。
そりゃ、当時小学生の私には理解できるはずもなく。
ただ、彼の寂しさや孤独感のようなもの、、胸がしめつけられるほど伝わってきました。

言葉にしてみるとなんだか怖い話なんですけど、すごく懐かしくて胸がキューンてなる私にしては素敵な夢だったので、ずっと見てたいな~って思う夢でした。
子供のころはよくわかりませんでしたが、大人になってから思い起こしてみると、
景色の雰囲気がイギリスとかそっちっぽい感じなのですよね。

馬鹿馬鹿しい話かもしれませんが、これは前世ってやつなのかしら?と思って、この夢が、スピリチュアルな出来事や精神世界へ関心を持つ一つの大きなきっかけであったことは間違いないです。

実際にある場所なのではないかと、今でも時折、イギリスやスコットランド、アイルランドの古城サーチしてしまいます。

Dunnottar Castle
https://www.dunnottarcastle.co.uk/

UnsplashJohn Robertsが撮影した写真

Dunluce Castle

UnsplashK. Mitch Hodgeが撮影した写真

↑夢の中のお城、ちょっと違うけどこんな雰囲気の場所なんですよね~。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA