たちみぼし
たちみぼし

たちみぼし

もうちょいしたら、屋号をね、arcanumから変えようと思ってますね。
「たちみぼし」にしようかなって。
たちみぼしというのは、漢名での水星のことなんだけどね。

西洋占星術で見た時に水星は私のチャートルーラーで、天頂にある天体だしで、
水星に関係した名前にしたかったのよね。
でも太陽と近いからコンバスト気味だし、リリスと重なってるので
普段はあんまり表に出ない…出したくないんですけども(というスタンスを看板に掲げてます、笑)もっと出していこうかなって、自分を。

水星って地上からだと太陽の周りを素早く行ったり来たりしているように見えるから、
太陽と他の惑星の間を取り持つような意味合いもあり。
どっちにも属さずあっちこっちふらふらしてるのが自分ぽいなと思うし、

自分。
というと、今年の三月に憧れの占星術師の方々から鑑定を受ける機会があり、やっぱり水星が大切ということを教えて頂き。
それと「どっちつかず、どちらでもない」というのがすごくホロスコープに出てるということも教えて頂き。
なんかとっても肩の力が抜けたというか。ほっとしたというか。
社会の中において、何者でもないということはとても孤独なのですが、私はどこかその孤独を愛していて、でも社会って時にその孤独を許しておいてはくれないじゃないですか。
私も何かに属さなくちゃいけない、肩書がなくちゃいけない、何かきちんとした型に嵌まらなくては…という強迫観念のようなものを抱いていたのです。
ま~、でも昔からそれが嫌いというか…苦手というか、もやもやすることで。
(まあ元々、人から勝手に決められたり指図されたりするの好きじゃないってのもあるね。)
だから「どっちでもない」と、ありのままの性質をただそのまま言ってもらえたことが、とても嬉しかったんですよね。半端者な自分を肯定していいんだ、孤独でいいんだってほっとしたんです。
型に嵌めることで分かりやすくはなるだろうけど、そこから溢れだした自分の余剰部分が殺されちゃうわけで。そこって私にとっては一番大切なものだったりするのです。

例えば石の世界でも、石が好きな人ってめちゃめちゃ大まかに分けると2つのジャンルに分けられると思うの。
いわゆるパワーストーンや、宝石魔術などの石にまつわる見えないエネルギーに惹かれ石を扱っている人たち。
それから石を、鉱物という学問として扱う人たち。
私は、どっちでもあり、どっちでもないところを歩いていきたいと思っていて。
石に関してはエネルギーだけでは語りたくなくて。
実際の鉱物とかけ離れすぎてても駄目だと思っていて、採集に行くようになって、実際に石たちがどんなところから生まれるのか、この色はどうしてこんな色になるのかという自然の錬金術を知って、とても理解が深まったのでね。

(愛の石と言われるインカローズとかロードナイトはマンガンの鉱物で、実際持ってみるとめちゃくちゃ重たい、酸化すると黒くなるのを見て、愛って優しいだけのもんじゃないなって思ったり。笑)

かといって石に宿る魔力のようなものを否定しているわけではなくて、その石の成り立ちこそが魔力そのものだなと、古代から人々が語り継いできた石にまつわるストーリーやその石を産む土地のエナジーは絶対に石に沁み込んでいるから、そういう情報も大切にしたいと思っているのです。そしてそういう物語が人の心を豊かにするとも思っています。

だから採集に連れて行ってもらってそこの石を採集したり、その場に立つということは、土地との語らいみたいなものなので、綺麗な標本見つからなくてもめちゃ楽しいのよね。(あんまり理解してもらえないけど)そもそも山と川が好きだから、いれるだけで幸せだわ。


さてさて話がそれましたが、
今月〜来月中には、たちみぼし(仮)でスタートさせて、来年から本格スタートさせて行こうかな。とぼんやり考えてます。
去年から西洋占星術を改めて勉強しなおしていて、その方の出生図を見ながら、おすすめの石を紹介するみたいなことをやろうと思ってます。

まずは近日中に上記の件、モニターを募集しようと思ってますので、ご興味のある方はぜひ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA