【栃木県】北温泉旅館
【栃木県】北温泉旅館

【栃木県】北温泉旅館

単純温泉
pH6.2 
源泉名 天狗の湯
源泉温度 56.0℃
自然湧出 481.21ℓ/分
溶存物質 679mg/kg
メタケイ酸  205㎎
中性低張性高温泉
源泉かけ流し

単純温泉
pH6.3 
源泉名 芽の湯
源泉温度 56.0℃
自然湧出 69.71ℓ/分
溶存物質 679mg/kg
メタケイ酸  210.8㎎
中性低張性高温泉
源泉かけ流し

余笹川の谷合深くひっそりと建つ、映画「テルマエロマエⅠ」で有名になった北温泉。
那須七湯(那須湯本温泉、板室温泉、大丸温泉、弁天温泉、北温泉、高雄温泉、三斗小屋温泉)の一つに数えられており、天狗温泉とも呼ばれ、館内のいたるところに天狗の面が飾られています。
160年ほどの歴史があるそうで、江戸、明治、昭和に建てられた3棟に分かれており、内部の迷路みたいな雰囲気がとても面白い。千と千尋の神隠しの世界感。

宿泊スペース、廊下、お風呂のしきりが曖昧な雰囲気も昔ながらの湯治場っぽくていい感じです。廊下までこぽこぽとお湯が湯船に注ぎ込む音が聞こえてきて癒されます。


お風呂は、内湯が「天狗の湯」(混浴)と「芽の湯」(女性)「相の湯」(男女)、露天が「河原の湯」(男女)と駐車場から降りてきてまず目に飛び込んでくる「泳ぎの湯」(温泉プール)。それから家族風呂の「不動の湯」などなど。

天狗の湯は毎分481ℓ湧き出しているそうで、お湯が豊富で新鮮。
今回入浴したのは女湯の芽の湯と河原の湯、河原の湯は天狗の湯と同じ源泉です。
どちらもメタケイ酸200越えの美肌の湯で嬉しい限りです。


芽の湯は浴槽が木でできており、眺めも良く、窓の外のロケーションにも癒されました。



それと特筆しておきたいのが、看板ネコのモモちゃんの可愛らしさ(ヨダレ)!

とても雰囲気のあるいい温泉、お宿ですが、駐車場から旅館までの道が結構離れており、坂道なので、寒い時期暑い時期や、お年寄り&足腰が弱い人にはそれがしんどいかもしれないなあと思いました。

◇北温泉旅館◇
〒325-0301 栃木県那須郡那須町大字湯本151
 http://www.kitaonsen.com/

日帰り入浴 700円 8:30~16:30

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA