猪苗代湖
猪苗代湖

あいすることはチャレンジだ

先日、千春兄貴が福島に遊びに来て下さいました。会津の仲間たちと兄貴をお迎えしてきましたよ。 猪苗代湖に行きたいという兄貴のリクエスト以外、何も決まってなかったのですが、突如、新潟は弥彦神社に行くことになりました。またかよ(笑)もうほんと腑に落ちないんだけども、弥彦には月イチぐらいで通わせて頂いている。もしかしたら私はある部分で弥彦と人を繋ぐような橋のような立ち位置にいるのかもしれないなぁと思ってみたり。以前、弥彦と自分の関係で引いたカードが「AEON<永劫>」だったからなぁ…色々諦めてます(遠い目) 美しい弥彦の自然と、日本海、みんなで巡るとてもいい時間でした。 さて兄貴の龍御伽セッションを6月に受けたことは記事にも書かせて頂きましたが、その時に相談した内容が恋愛とかそういったようなテーマのことでした。この時に言われた魂の思考のくせを意識しながら3ヵ月やっていこうという話でしたが、とにかくこの3か月というのは、男性や恋愛、誰かと関係を築くことに対して、心が傷つき、深く拒否しているのを改めて感じるような期間でした。そしてそれが「私は愛するものを傷つける存在だ」という自分を幸せにしない信念から来ているもので、もうその信念にほとほと飽きているということも…。 その後、9月に兄貴の十和田湖からの四代元素の遠隔ヒーリングを受けました。そのシェアで「尻込みすることが来ますが乗ること。無視しても乗るしかなくなるから。」とあり、自分でもトートタロットのワンド8を引いたりしていて、思い当たる節もないけど何が起きるの?!コエ―!!!と思っていたら、次の週ぐらいに電光石火の如く「彼氏」ができたというね。あんなに恋愛無理だーーと思っていたのでこの展開にはびっくりです(笑) 彼と初めて会った日は、龍御伽のぴったり3か月後、十和田遠隔のぴったり一週間後でした(笑)本気で向き合いたい事柄、動かしていきたい事柄へ対する兄貴の後押しの魔法の力強さはあいかわらず凄い。ありがとうございます。 しかしながら、私には、「自分が関わることは全てダメになる相手を傷つける、そんな私は愛されるに値しない。」…という古い思考回路があるので、実際には傷ついているのは自分だとしても、相手や何かを愛するということエネルギーをかたむけることが非常に恐ろしく、とてつもなくチャレンジなことなのです。今まではその思考回路があったので、愛情を注いでも育たないところ…誠実さや優しさからは離れた人ばかりを選んでました。そういう相手なら自分が傷つけることはないだろうという無意識の思い。そして傷つけるより傷つくほうが慣れてるから楽だという、ある意味魂の需要と供給ですね~。そういう意味でも彼は今まで出会ってきたどの人とも違う誠実さや優しさに溢れていてピュアなハートの持ち主、日々彼と関わることで、「私が愛するものは傷つかない、全力で愛してもいい。」という思考に少しずつスライドしていっているのを感じています。いつかはその古い思考回路がもっともっと細くなればいい。相手と自分を信頼すること、愛すること愛されることは、チャレンジ。ほんと鍛えられてますし、いつもたくさんのものをありがとう。 そんな彼も連れての弥彦探検でした。なんだか新鮮な一日でした。ものすっごいHPMP使ったけども(笑)色んな人が関わってくれることによって再確認することや、新たに知ることがあるので、面白スポットに何度も色んな人と足を運ぶことが楽しいです。ええ、厨二なので。 最近、関わる人の向こうに世界が透けて見える(感じる)時があります。時の精霊?自然界のディーヴァもしくはエレメンタルのようなものが見せてくれる景色。それを感じた時に、いつも思うのは、もっともっとこの世界を全力で愛したいなあということ。 だからわたしはこれからも愛することには背中を向けたくない。立ち向かっていきたいなぁと思うのです。  ↑兄貴からお土産でもらった長野の神社の御守り。色味とデザインが素敵でバッグにつけてます^^

兄貴とめぐる磐座&猪苗代湖のたび

先日、千春兄貴が福島にいらっしゃったので、磐座&猪苗代湖巡りツアーを決行しました☆ 過去にも何度か兄貴には会津~福島に遊びに来て頂いておりまして、またこの地にお迎えできること嬉しく思います。 兄貴だけでなく、西の皆様やご縁の方に福島に足を運んでもらえるのは嬉しいことです。今後も全力で福島観光大使(お連れするところはめちゃくちゃマニアックな場所限定)させていただきますっ。 そしてこの日、最初に訪れたのはペグマタイトの白い磐座。こちらは阿武隈山脈系のペグマタイトの岩盤が露出しており、それがそのままご神体の磐座になっているとっても珍しい場所。神社がある場所は、丹伊田といい近くには鬼生田(おにうだ)という地名もあることから、丹生(にう)、丹=水銀を思い起こさせます。水銀が取れたというような話は調べても出てこないし、鬼生田の名前も昔ここに田村麻呂に退治された鬼が住んでいたということが名前の由来みたいですが、古代、ここには水銀や製鉄に関わる一族が住んでいたのかもしれないとこっそり妄想しています。。笑それにしても見事な磐座~、ほんといつ来ても光がいっぱい降り注いでいる気持ちの良い場所です。兄貴が「春のような場所」と仰ってたけど、まさに。しばらくボーっと佇んでおりました。 そこから移動して某所へ。笑 こちらは県内でもわりと有名な巨石群のあるお山なのですが、春にハトコと来た時に、人間の利己的な想念によって美しい自然と巨石がここまで無力化する様を見せつけられ「ナ二ココキモチ悪いw」となった場所。はい、ペグマタイトで天国を見て頂いた後は地獄へお連れいたしました(笑)先月、アフガニスタン展を見た時も思いましたが、人間の利己的な想いが自然や文化を簡単に破壊してしまうということ。それが世の常だとしても悲しいものです。奥の遥拝所とその下にある雨乞いの場所だけ、古代の穏やかだった時間とエナジーが残されています。ここだけでもこれからの世代も繋がってゆきますように、との思いで瞑目しました。 地獄山(笑)から最大の目的地である猪苗代湖へ。 兄貴、何かを召喚するの図wwではなく、猪苗代湖からお仕事をするの図。兄貴曰く「猪苗代湖は光のエネルギーが強い湖。」だそう。この日も風と空が凄かったな~。後ろから眺めつつ、猪苗代湖とご縁のあるヒトをこちらにご案内するお役目もあるのかもしれないと改めて思った1日でした。 最後に訪れたのは、水と森のエナジーの気持ちの良い場所^^ 1枚目はここのヌシ様^^いつもここ来るとこの木に鳥が止まるのはそのせいだったのかとすごく納得~。 震災の年に、「ヒトがいなくなっても自然は美しく、そして続いてくものなんだ。」と強く感じる瞬間がありました。地球に間借りさせて頂いている私たち人間の残酷さ、哀しさと、そしてそれを飲み込むかのような畏怖すべき自然の美しさ。人間色が薄い(笑)兄貴と話しているとそんなことを思い出したり、考えたりしてしまいます。 こういった美しい場所が未来にも存在し続けていけますように。 兄貴、ご一緒で来て楽しかったです^^ありがとうございました!