ルノルマンカード
ルノルマンカード

ルノルマンカードであなたの半年間を読む

ルノルマンカードで下半期のリーディングをさせて頂き、特別なアクセサリーを作るという企画、私個人としてもとても楽しい企画でした。 ありがたいことに受付終了後にも申し込みを頂き、10月から来年の春分(西洋占星術での新年)までを見させていただいたりして、それもとても意義深いなぁと感じまして、特別な時期に限らず、その方のお好きなタイミングで半年間のテーマをリーディングさせていただくことと、その半年間のお守りとなるアクセサリーを作るというのはとても有効なのでは?と感じましたので、通常メニューとしてやっていきたいと思います。ぜひご活用ください。 もちろん、アクセサリー無しのリーディングのみも承ります。 そしてそして、ここ数ヶ月の間にルノルマンカードを深める勉強で以前よりカードに対する理解が変化してきていますので、今少し深い読み込みができるようになってきているのでは?と思っておりまス…(もちろんまだまだカードの世界は奥深いですが)、半年間のリーディングだけでなく、何かお悩み事やモヤモヤがあるときになどリーディングご活用くださいね。(あ、すみません500円値上げしております)

2022年下半期ルノルマンカードリーディングとスペシャルアクセサリー

最近、古道具屋さんで購入した木彫りのクマです。コンニチハ。 気が付けばあっという間に7月に入り、2022年も残すところあと半年となりました。夏至を過ぎ、ここから日照時間が少しずつ短くなっていき、秋分、そそして冬至へと向かっていきます。蟹座に太陽があるこの季節は、じりじりと焼け付く太陽の影に太地母神が支配する夜の世界への入り口を感じます。また梅雨のもたらす雨が地下に恵みをもたらし、栄養を蓄える時期でもあります。 この時期にセンチメンタルな気持ちになるのは何なのだろうと思っていたのですが、私、ASCが双子座の29度にあるので、毎年夏至のころに太陽が自分のASC近くに来るのだということに、今更ながらに気づきました。私にとっては終わりと始まりの季節でもある気がします。 さてさてそんな下半期の始まりに、スペシャルな企画をお届けしたいと思います。 ルノルマンカードにて、あなたの下半期を表すカードを2~3枚お引きし、下半期のテーマを占います。カードから読み解いたテーマから、下半期のあなたをサポートする石たちをお選びし、アクセサリーをおつくり致します。(もちろんリーディングもお付けいたします) A:イヤリング・ピアスB:ブレスレットC:ネックレス 上記からひとつお選びいただくのと、金額のコースを5,500円、11,000円、22,000円のどれかお選びください。 お値段に応じて石のグレードを変えさせていただきます。ルノルマンカードのリーディング付きで、7~8月中にお届けできればと思っておりますので、あまり数はお受けできないと思いますので(最大5名)、もしご希望の方がいらっしゃいましたら。 1.お名前2.メールアドレス3.ご住所4. ご希望のアイテムと金額のコース 上記の内容を記載の上、お申し込みは、下記メールアドレスまで。(☆を@に変えてください)お願いいたします。 apros711☆gmail.com ご返信時に細かいご希望もお聞きできればと思っております。また、お支払い方法は銀行先振込でお願いいたしますが、もしクレジットカード払いをご希望の方はお申し付けください。

go back home

良くも悪くも自分は魚座なのだと3月の誕生月に入り、改めて気づいたので覚書としてここに記します。 この数年をかけ、私は自分の直感を鈍らせるように、使わないように仕向けて生きてきた気がします。小さいころから目に見えない世界のことが好きで、将来は魔法使いになりたいと思っていたので、息を吸うようにオカルトやスピの世界に足を踏み入れていました。スピ系が叩かれる昨今ですが、自分も一時はずいぶん偏った場所を歩んでいたことよ、、、。そして自分の知っているスピ系の人たちが「何かそれは違くない?」となっていくのを見ていて、自分もそうなるのでは?という恐れから見えない世界について距離を置こうとしてきました。直感に蓋をしてきました。特にここ一年はそれが顕著でしたねー。 それは己の小ささに、繊細さに気づきたくがないためであったと、今なら分かります。私は西洋占星術で見ると個人天体が魚座で天頂に固まっている、魚座の看板を背負ったような人間で、魚座の守護星である海王星と木星が7ハウスで重なっており、他者や世界に対し境界がないことの強さと弱さは知り尽くしているつもりでしたが、そもそも自分もああなるかもしれないというのは、他者と自分の間に境界がないからこそ思うことなのだと、当たり前のことなのですが、今更のように気づいたのでした。あなたはわたしではない、というシンプルな事実。とはいえ、わたしはいつでもあなたになり得るということも事実としてあり。だからといって、自分の直感を殺すことは、自分の魚座としての自由さを殺すことになるなと、思い至ったのでした。長い冬だった。 境界を取っ払うべきところと、境界をきっちり引くべきところがあるということ、知っていたはずなのに何故いまこうして以前より深く重い意味で知るのか。笑ってしまったけど、いわゆるこれが腑に落ちるということなのでしょう。そういうことを人生の間に何度も気づいて繰り返していくということを重ねていくことが、生きることなのかなと感じます。 そんなことをつらつらと考えていた時に、衝動的にルノルマンカードを買いました。それまで存在は知っていたルノルマンカードではありましたが、絵が私にはロマンチックで可愛いすぎるナ~と思って、食指が動かなかったというのに。こういうひらめきじゃないけど、何かに突き動かされるということは、ままあることですね。 カードの絵や象徴から自由にインスピレーションの海を泳ぐ練習がしたかったのかもしれない。それとやっぱり不思議なものに目覚めたきっかけは、子供の頃に祖母の家で叔母が買った(叔母は覚えてないらしいし、占術やオカルトに興味はない)ウェイト版のタロットがオモチャ箱に無造作に入っていたのがきっかけで、原点に戻りたかったのもあるかな。やっぱカードだろと。(でもタロットじゃないけどな)そしてルノルマンを購入して数日後に実占する流れにもなり、ますます何か向こう側から引っ張られるような、はたまた罠にはまったような感覚になっています。蓋を開けると流れ込むように手招きの連鎖が起きて、ほんと面白いよね。 ルノルマンカードの好きなポイントは、タロットと同じぐらい歴史があるのに、オカルトの洗礼を受けていないがために、誕生してから現在まで、”単純でかわいい占いカード”の位置にず~っといるというところ。 私が購入したのはウェイト版タロットの絵を描いたPamela Colman Smithのアートワークから絵をピックアップして作られたPixie’s astounding lenormandというもの。(Pixieは彼女の愛称)なんだかんだでPamelaの絵が好きなんよね。 購入した最初にあなたはどんな性格のデッキ?と聞いたら「THE BOOK」のカードが出てきました。閉じられた本の上に浮かぶヘルメスの杖、そしてタロットの女教皇を意識した背景の二つの柱の向こうに、ナツメヤシと柘榴。その人の心の中のまだ見えていないものに気づくためのデッキ。知恵、インスピレーション、直感。 そしてこのデッキを私が使うことでもたらされるものとは?という問いをして、引いたのが「THE  HOUSE」。象意の説明を読んで、くつろいだ雰囲気でカード引ける、自分のエネルギーが安定するみたいなイメージなんかなと思ったのですが、、、実際に使って行くうちに、ルノルマン、今まで使ってきたタロットやカードよりも使いやすいし、めちゃくちゃ象徴が語り掛けてくるなと思って、ルノルマンと私かなり相性良くない?と思ったところで、アッ…と気づきました。ルノルマンは私にとって<家>なんだと。慣れ親しんだ故郷や古巣みたいなもの。じ~ん。 しかしルノルマンは、引き手の象徴への引き出しの多さで二重にも三重にも響いてくるカードだなと思う。なのでそれだけ自分が色んなことに開いているかが重要。(もっといろんなことへの学びを深めなきゃ)どんなカードもそうだと思うのですが、ルノルマンは絵柄と意味がシンプルな分、それが強調される気がします。特に2枚引きでカードの象徴を掛け合わせて読むとルノルマンの魅力がすごく出ますね。 …まあ、とはいえ、私、ドがつくほどの初心者なんですけどね(笑) 2022年3月、魚座、HOMEに帰ります。