ミュージカル
ミュージカル

[Les Misérables] 2012 UK

リンク 先日関東が大雪に見舞われたあの日に(笑)、品川の映画館で『レ・ミゼラブル』を観賞してきました。 いや~~~~…。最初から最後まで、嗚咽レベルの大泣きっした。恥 『英国王のスピーチ』のトム・フーパーが監督した、有名なヴィクトル・ユーゴーの同名小説の、ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』。2012年は『レ・ミゼラブル』の原作発表からちょうど150年目だったそうですネ。 ジャン・バルジャン役にヒュー・ジャックマン、ジャベール役にラッセル・クロウ、ファンティーヌ役はアン・ハサウェイ、コゼット役にアマンダ・サイフリッドなどなど、俳優陣もとっても豪華~~~! そして歌うまっ~!(当たり前です) 実はお恥ずかしながら、レミゼは「銀の燭台」 の部分を小学校の時に教科書かなんかで読んだぐらいで、全体のあらすじはなんとなくしか知りませんでした。実際にきちんと観たらこれは…、いやもう…、レミゼすげー!ってなりました。笑ユーゴーの原作も読みたくなったし、4月からの帝劇の舞台も観に行くきたくなったわ。 善とは?悪とは何なのか?正しく生きるという事はいったい何なのか?ジャン・バルジャンやジャベール、その他の登場人物を通し、問いかけてきます。 レ・ミゼラブルはナポレオン没落後の1815年から王政復古時代、七月革命後の七月王政時代の最中の1833年までの18年間を描いており、当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活が物語の背景にありますが、これからの新しい時代を生きる私達にも必要なメッセージがふんだんに含まれていると思いました。 現代を生きて行く私達に一番必要となっていくもの…きっとそれは、レ・ミゼラブルに描かれている『愛』に他ならないのではないでしょうか。そして、愛とは自分と世界に正直であること。 愛こそが私たちの魂を自由にする唯一の方法。自由を手にするための闘い。リバティ。 誰かが声をあげても何も変わらないように思えた世界も、声を上げ続けることでいつかきっと何かが変わるのではないか。目に見えないところでは熱い大きな流れが大河のようにうねっていて、その奔流を誰にも堰きとめる事はできない。 その流れは少しずつ私達の意識の世界に影響を及ぼしていて、そしていつの日か、押し寄せる波は堰を切ってこの世界を一新させるのでしょう。ラストシーンと「民衆の歌」に そのようなことを思いました。 あ~、もっかい映画館で観たいな。