奈良
奈良

新年は、西へ

1月2日から1月6日の5日間、彼氏と共に車で旅に出ていました。北陸経由で富山に前後1泊し、石川、福井、滋賀、京都と南下して2~3年ぶりに大好きな奈良へ。奈良や京都、滋賀、大阪、西の国へは時折無性に行きたくなります。 関西へ行くなら会いたい人も何人かおりまして、でもさすがに三が日に声をかけるのは…と思っていたのですが、なんと旅の途中、京都のお友達のお二人、Cちゃん&セレーナ・マリアさんと合流することができました^^お二人と八幡市の石清水八幡宮と京田辺の月読神社に初詣してきました。本当に直前だったのに駆けつけてくれたお二人に感謝です。この日は一緒に夜ご飯もご一緒できて、色んな話を楽しくさせていただきました。 奈良は若草山の麓のMountain Home Lodge in Deer Parkさんに2泊。とても綺麗で快適でコスパの良いお宿でした~。 こちらに泊まれたおかげで夜の二月堂へ行くこともできました。夕方過ぎると年始でも若草山近辺はとても静かです。 今回奈良では初めての場所にも行けました。天理市のの石上神宮。布都御魂剣をご祭神とし、十拳剣、七支刀などなどたくさんの剣にゆかりのある、物部氏の古社。もっといかめしい場所だと思っておりましたが、石上は思っていたよりとても静かで優しい場所で、光と空気と水と緑が美しかったです。お社よりも、この池と森と山のほうから明らかに美しい気が漏れてきていました。 そしてずっと行ってみたかった宇陀の室生龍穴神社の奥宮・吉祥龍穴や天岩戸にも。静かで美しい場所でした。岩盤の迫力に圧倒されました。なんかどことなく栃木の那須塩原の竜化の滝~天狗岩近辺に似てるな~と思いました。那須塩原のほうが「気配」は少ない?the自然って感じなんですけどね。笑 室生を後にして、折角だからと、宇陀市巡り。ふらりと見つけた宇陀の八咫烏神社や、宇太水分神社、阿紀神社も巡りました。 阿紀神社では何故だか心に残るおじいちゃんとの出会いもありました。阿紀神社周辺は古代、阿騎野(あきの)といって、貴人の狩場であったそうなのですが、その方、柿本人麻呂がその阿騎野にちなんで詠んだ歌の歌碑を探して訪れたようで、ひょっこり現れた我々にその場所を尋ねてこられたのですが、むろん我々も初めての場所で分らず。笑我々が福島から来たと知ると大学の時に福島の友達がいたのを思い出されたようで、短い言葉だったのですがその思い出を語ってくれました。ちなみにその歌碑はおじいちゃんが去った後、我々の車を止めていた真後ろにありました。笑「阿騎の野に宿る旅人打ち靡き眠も寝らめやも古思ふに」 ↑ ※リンク先に現代語訳と解説があります。 帰りは北上する途中で、京都の木津川の蟹満寺や湧出宮に寄り、そこに残る伝承に想いを馳せることになりました。古代には失われた神々や人々の歴史がまだまだありそうです。蟹満寺は蟹が蛇を退治したという伝説にちなんだ扁額がすごいです。 京都を抜け、滋賀。帰りは湖西を北上しました。近江神宮や白髭神社に立ち寄ることができました。白髭神社の湖中大鳥居は有名ですが、それだけでなく、白髭神社の磐座と森が素晴らしく、しばらく佇んでおりました。 西に居る間中お天気がとても良く、どこも素晴らしい光に満ちていましたが、白髭神社を後にして車を走らせていると、最後に琵琶湖に大きな虹がかかっているのを見れました。(写真を上手く撮れず無念)なんだか旅を祝福してくれているようで嬉しかったな。その直後から富山までずっと雨・雨・雨でしたけど。(笑) 前後2日泊まった富山も、お酒とご飯がとっても美味しくて、そしてとても空と海が美しかったです。(荒れてたけど・笑)今度はもっと時間をかけて富山探索したいなと思いました。 そして最終日、富山の朝日町と新潟の糸魚川へ。浜辺で翡翠探しをして、この旅を締めることにしました。2018年夏から通い続けて、三度目の正直。雪がちらつく真冬の日本海で波に濡れながら、ようやく小さな翡翠輝石をゲットしました。 たくさんのギフトをもらった旅でしたが、形となって宝物を最後に受け取ることができました。土地の精霊や神々よありがとう~~~。 まだ旅の余韻が残っていますが、このエネルギーを咀嚼して製作のほうに活かしていけたらなと思います。 皆様の2019年も素晴らしい幕開けとなりますように。

にしたびつれづれ ~7/20 奈良編 part Ⅱ~

お昼にこんな美味しいもの頂いたんだぜ~^^ 春日荷茶屋さんの季節の茶がゆ、めっちゃ美味しかった。そうです、二月堂を後にした我々は、藤原氏の本拠地(春日大社ネー)にお邪魔する前に、腹ごしらえをば。 そしていざ!春日大社へ。 奈良一人旅の時は、春日大社あたりがMAX体調不良でふらふらで、本殿を見たかったのだけど、何故か「今日は入れない日だ」と勘違いしておみくじだけ引いて帰ったっけな。あんなに歩いたのに。そしてその時の印象の春日大社、良く分からないけど「これはなんか違う!!」と思ったことだけは覚えてマス。 さてここで小話をひとつはさみますネ。 春日大社の本殿廻廊の西南隅にひっそりとたたずむ摂社・榎本神社にはこんな言い伝えがあるそうです。 元々榎本神社は当地の地主神であり、春日大社が春日野に創建される以前から、この地を拠点としていた春日氏によって巨勢姫明神(こせひめみょうじん)という女神が祀られていました。 ある時、武甕槌命(タケミカヅチノミコト。現・春日大社の神とされている)は春日野一帯に広大な神地を構えようと一計を案じ、地主である榎本の神に「この土地を地下三尺だけ譲ってほしい」と言ったそうな。榎本の神は耳が遠かったために「地下」という言葉が聞き取れず、「三尺くらいなら」と承諾してしまいます。武甕槌命はすぐさま、榎本の神が所有する広大な土地に囲いをしてしまいました。榎本の神が「話が違う」と抗議すると、武甕槌命は「私は地下三尺と言ったのに、あなたが聞き取れなかっただけでしょう。約束通り、境内の樹木は地下三尺より下へは延ばしません。あなたは住む所がなくては困るでしょうから、私の近くに住んで下さい」と言ったので、榎本の神は春日大社本殿のすぐそばに住むようになったそうな。 それはさておき。 一人旅の時にはご挨拶することが出来なかった春日大社にようやく参拝することがかないました。そして我々は、春日大社をぬけ、御蓋山のエナジーをより感じることのできる森のほうへと歩いて行きます。 やっぱり木々の中は心地よいなと、森を奥へ奥へと歩いて行き、とあるお社の前で休憩していると、突然、セミ(ヒメハルゼミ?)が一斉に鳴き出し、辺りが暗くなり…そして遠くで雷鳴が鳴り出しまして…。 遠くで鳴り響いていた雷鳴がどんどん大きくなって一雨来るかなと思ったその時でした、、聞いたことのないようなうなり声のような大きな風が森の中を吹きぬけて行って、一瞬あっけにとられていた私たちでしたが、びっくりするぐらいの土砂降りの雨・雨・雨が降り出して、東屋に避難して雨宿りしました。 歪んだ時空が戻ったようなほんとに不思議な風だったんだよ~、まるでデイダラボッチが通り抜けたかのようでした。 森の中で、雨宿りしながらみんなで歌を口ずさんで。心地よかったな~~^^ 古代の春日の森とお山と自然、、そこに宿っていた本来のエネルギーに想いを馳せる素敵な瞬間。 この雨に全てが洗い流されてゆくような。 通り雨の後の快晴。若宮社のほうに足を延ばしました。緑がひたすらに美しかった。 そしてお参りしようと柏手を打ったら、着けていたブレスレットの石がはじけ飛びまして。…驚愕 石たちは何かもう見当たらなかったのです。(ばらまいてすみません)  奈良でもろもろの鎖が解けた気がして、あな、すがすがしや。この空である。 ご神木が、それこそもののけ姫の、シシガミサマが降りてくる木に見えてしょうがない。 春日の森、そしてここに息づくすべての者達。古代の神々よ、本当にありがとう。 そうして最後に我々は、甘いものを求めに、奈良ホテルのティーラウンジへ。古代米のケーキほっぺがおちるほど美味しかったよ~~~! 無事に奈良の1日も終了。別れを惜しみつつ、皆さんともここでお別れ。本当に素晴らしい奈良旅でした。Mariaさん、K山さん、Kさん、Cちゃん本当にありがとう!!!(お名前出して良いか分からなくて中途半端にふせました) 最後はやっぱりここから!みんなのこととか奈良での色々なこととか考えていたら、ここから離れたくなくて、しくしく泣いちゃった。笑 21日最終日はCちゃんと滋賀へ。もうすこしお付き合いくださいネ^^ Anna

にしたびつれづれ ~7/20 奈良編 partⅠ ~

7月20日、西旅2日目。 実は、この日廻ることになっていた場所ですが、偶然にも5年ほど前に奈良に一人旅した時に廻った場所で、しかもその時、廻りながらありえないぐらいの体調不良に突如襲われた場所でした。歩みを止めたら死ぬ!と歩き回っていたのですが、とうとう精も根も尽き果て観光協会の建物のようなところで帰りのバスが出るまで死んでいたという思ひ出。腹痛と吐き気、頭痛、高熱すべてが一気に来て、風邪薬も胃腸薬も効かず。。。でもバスが出る5分前に、嘘のように治っちゃったの。。。 あれはなんだったのだ!と長年不思議に思っていましたが…。 お宿を出発して、東大寺で京都からの皆さんと待ち合わせ。てくてく街歩きを楽しみながら一人東大寺を目指します。 途中、桜井市三輪にまします大神神社の摂社で推古天皇の時代に創建された率川神社(いざがわじんじゃ)にもお参り。奈良市内最古の神社らしいですよ~。 今回は三輪に行けないので、遥拝所のあるこちらからご挨拶させて頂きました。 (あんまり良い写真撮れなくて、率川様のお写真なくてごめんなさい) 東大寺近くの氷室神社にもお参りしました。以前、奈良一人旅した時にネコチャンに導かれて偶然お邪魔したお社。奈良時代、この春日野に氷池や氷室を設け、氷の神を祀り、春迎えの祭りを行い、豊作を祈願する重要な祭りが営まれたようです。 また南都流舞楽の中心となった神社でもあり、拝殿は舞殿になっており、神主も楽人が務めたそう。雅だね~~。 ↓実際に氷が献じられていたよ^^ 更に歩いて、東大寺の南大門でMariaさんとお仲間たちと合流。以前、お会いしているお二人とも久しぶりの再会に喜びひとしおです!はじめましてのKさんとは、でもやっぱりはじめましてな気がしませんでした。笑 東大寺。相変わらずおっき~。この写真の快晴ぶりを、皆さん目に焼き付けておいてください。笑 そしてそして、少しの緊張を持ちつつも、ご縁の手向山八幡神社へ。     絵馬がちょうぜつ可愛かったよ♡ 今度は体調不良に見舞われることもなくご挨拶することができました。参拝中に 1羽の蝶が何かの印のように、私たちの周りをぐるぐると飛び回っていました。 手や肩にも止まって、とうとう二月堂までお供してくれましたよ。 手向山~二月堂~春日大社一帯は、元来、御蓋山や若草山をご神体山とする古代信仰の場所です。 自然そのもののエナジー、それをあえて形にしようとするならきっとそれは、もののけ姫に出てくるようなデイダラボッチ=シシガミ様のような姿だったのだと。前日訪れた石清水のように、春日の森もシシガミ様の森だったと、そう思います。春日の鹿さんはそれを教えてくれているような気がします。 そして私たちは二月堂へ。 前回、奈良に来た時はちょうどお水取りの時期でした。 お宿のご主人夫婦に誘って頂いて、二月堂のお水取り(修二会)を近くで見れるチャンスがあったのですが、時間の都合がつかなくて残念ながらお断りしてしまいました。Fさんその節はお世話になりました! 今、思えばこのお水取りを観に行けなかったこともとても深い意味があったと思いますし、 お宿でお会いした皆様との一瞬のご縁にも不思議なものがありました。 二月堂ですが、こちらは十一面観音を本尊とする仏堂で、大仏開眼以前から存在した、東大寺の前身寺院があった場所です。 お水取りは十一面観音に日頃の罪過を懺悔(さんげ)して五穀豊穣・除災招福を祈る、「悔過(けか)」という儀式だと言われています。 十一面観音は、菊理媛神(キクリヒメ)の本地仏とされています。

にしたびつれづれ ~7/19 京都編~

7月19・20・21日の三日間、関西へ旅に行ってきました。 以前会津にもいらして頂いた京都のセレーナMariaさんが今後演奏活動に力を入れるため、エネルギーワークなどのセッションを縮小されるとのことで、この期に西旅を兼ねMariaさんの所にお伺いすることに。 ↑京都へ向かう途中、SAから見たお山が素敵だったのでパチリ。良い形♡ 初日、Mariaさんのお宅にお邪魔してセッションを受けました。セッション中に、鹿みたいな映像が浮かんでくるわ…と思っていたら、デイダラボッチ=シシガミ様のようなものがMariaさんのほうのビジョンにもがっつり登場していたよう。デイダラボッチ、シシガミ様…きっと自然そのものや、古代の自然神などを象徴するイメージじゃないかなと想像しています。 で、20日もMariaさんとお仲間達とご一緒させて頂くことになっていたのですが、このシシガミ様に関わる場所へ行くこととなりました。こちらは奈良編に続きます。 セッション後、近くの素敵なイタリアンで美味しいランチをご一緒させて頂き^^色んなお話をさせて頂きました。 その後、近くの月読神社とレムリアの森をご案内して頂くつもりでしたが、月読神社でMariaさんにお導きがあり。夕方、お会いする予定だったYさんと石清水八幡宮でお待ち合わせすることに。 石清水八幡宮の麓に到着すると、麓の高良神社の祭礼で太鼓祭りがとり行われていました。 お天気は小雨に雷鳴、太鼓の音と合わさって雷鳴がますます大きくなってゆきました。まるで神々が集まってきてるみたいで、雷嫌いじゃないのでウキウキしちゃった。笑 初めて訪れた石清水八幡宮、町中にあるのだと思っていたら、かなり木々がモリモリな山の上にあることを初めて知りました。 その昔は、石清水もデイダラボッチが悠々と歩いていたんじゃないかな。 きっとそういう所だったんだろうな~。 山を登る途中で、清水社でMariaさんと歌を。 ご祭神は天之御中主命。ミナカヌシさん、ニュートラルな感じがしてなんとな~く好きな神様。後ろにはデイダラボッチのような大きな大きな木が見守っていてくれました^^以前、Arganzaの古代の扉2学期で最初に受け取ったビジョンで、これがガイドブックだよと、机の中に紫色の綺麗な装丁に赤い九曜紋が入っていたのが見えたのですが九曜紋は妙見信仰、妙見信仰のご祭神は天之御中主。そこから気になる存在でありました。 天之御中主命はArganzaのAmariさんとヴァイアマスかもね~とちらっとお話してましたが、Mariaさんは天之御中主がシシガミ様っぽいと。あ~!なんかでもどっちも分かるなあ~。ようは呼び方が違うだけで、エナジーは一緒なのかもですね。 頂上で無事にYさんと合流できました^^ この日、Yさんとは初めてお会いさせて頂きました。3人で石清水の神様にご挨拶させて頂きました。ご本殿ではご神職の方がちょうど祝詞をあげておられました。 若宮殿の前でもう一度ご挨拶。 お参りが済む頃には、空も綺麗に晴れていました♡Yさんがお気に入りだというご神木さんにもご挨拶させて頂き、こちらでも歌を。 Yさんと別れた後(弾丸でしたがお会いできて本当に嬉しかったです!)麓のお茶屋さんで美味しい和菓子頂きました。これ、もう一度石清水来ることあるならもっかい食べたい。名物の走井餅とわらび餅、そしてお抹茶美味でした♡ Mariaさんに新田辺の駅まで送って頂き、宿をとった奈良へ。 途中、夕焼けに染まる平城京の朱雀門が目に入ってきて。ああ、絶対この景色見たことある・・・とうるっときちゃいまいした。お宿にチェックインの前に、どうしても興福寺から夕焼けが見たくってお散歩。 お宿についたら、宿のご主人が琵琶を弾いていらっしゃいました。祇園精舎を生で聞けたよ♡ にしたびつれづれ 奈良編に続きます☆ ↑石清水八幡宮でMariaさんとパチリ^^ ありがとうございます☆ Anna

西と東を繋ぐたび ③ 大和しうるはし

だいぶ時間が開いてしまってすみません。先日の西への旅行記第3弾です。なんか奈良編は滋賀編以上に書けないことが多くて(そんな気がするだけ?・笑)書いていてあっさりとした感じになりましたが、、、ほんとは濃かったのよ。笑 さて初日はそんなわけで、宇治田原~滋賀をめぐり、新田辺の駅に戻ってきたのは19時ごろでした。そこから電車に揺られ、いざ奈良県!いざ三輪。 紹介して頂いたお宿、町屋ゲストハウス三輪さんに着くころはとっぷり夜も更けておりました。藤村さんご夫妻が営むとっても素敵なお宿。ご夫妻のお人柄が滲み出ていました。この日は丁度東大寺のお水取りを見てきた皆さんとご一緒に楽しい夕食させて頂きました。心づくしのおもてなしありがとうございます。 ——————————- さて、次の日は大神神社の駐車場にMariaさんたちと待ち合わせ。 数年前、思い立って奈良へ一人旅をしたことがあったのですが、その時ぶりの大神神社、数年前と違って沢山の人で賑わっていました。 大神神社を後に、三輪山の登拝口のある狭井神社へ。狭井神社の鳥居を潜ろうとしたら、物凄い風が吹いてきて頭上から木の葉やら枝やらが降ってきました。 奈良の大地は何か静かに私の魂に語りかけてくる感じがします。 ご挨拶させて頂き、後ろを振り返るとお宿でお会いしたインド舞踊の女性と早すぎる再会をしたりとびっくり。笑 その後ランチに、桜井駅の近くにあるMAGIC×MALETさんへ。すご~~くおいしかった!お店に入って暫くしたらびっくりする程の豪雨になってしまって、、、(笑) 前日に耳成山に行かなきゃいけないような気がして 、お付き合い頂くことに。耳成山…、畝傍山、天香具山と共に大和三山の一角をなすお山。 耳成山、実際に近くに立つと美しい甘南備型に目を奪われ、一目で恋に落ちました。 耳成山を降り、いざ飛鳥へ。 滞在時間凄く短かったのです が、憧れの飛鳥に立っていると思うと胸が高鳴ります。ドキドキしながら石舞台へ、石室の中でMariaさんと皆さんで2曲も歌わせて頂きました。感激です。 石舞台のガイドさんからMariaさんに「ぜひ飛鳥で歌って!」とお声掛けあったので、もしかしたら飛鳥でMariaさんのコンサートが…?!実現する日が来るかも? 皆さんと別れ、奈良から京都駅に向かう 帰りの電車の車窓から奈良盆地を眺めていました。意識が奈良の大地にすうっと溶けていくような不思議な感覚でした。 二上山や葛城のお山にゴールドの光が射していて、またこちらにもいつかお邪魔したいと思いました。 Mariaさんはじめ、西の皆さんと、土地にこうしてご縁を頂き、ただただ感謝の旅になりました。 また近いうちに西に来るよ、みんな待っててね。 以上、旅日記終わり。長くなりましたっ。