北山宏光
北山宏光

なぜ、北山宏光と言う存在が好きなのか。

昨年2014年、妹がキスマイBUSAIKUにはまったのがきっかけでキスマイちゃんを好きになりました。FBやtwitterなどでの過熱ぶりを見て頂ければ、一目瞭然だと思いますが、アイドルやアーティストに対してここまではまったのは多分10代後半~20代前半までトキメキを共にした、清春さんとSadsぐらいなもので、この歳でジャニーズにハマっていることに自分で自分に吃驚しています。この気持ちは一過性のものかもしれないし、この歳でこれ以上ジャニーズに深入りするのは何か戻れない世界に入る気がする…という葛藤などもあったのですが、そう悩み続けている半年の間ほぼ毎日キスマイの曲を聴いてDVDを見ている自分に気付き、「うん、これはもうだめだFC入ろう!」とファンクラブへの入会まで果たしてしまいました。 キスマイちゃんの中でも、北山宏光氏を特に応援しておりますが、でも最初は、藤ヶ谷担だった私。北山さんてイケメンではないよね?とか結構言ってたんです…(爆)それがいつしか北山宏光という存在を目で追っかけるようになっていました。私は人間としての魅力…もっとつっこんで言えば魂の遍歴の深淵さみたいなものが、何気ない瞬間に表面に現れてくるような人が、男性女性問わず好きなのですが、北山君にそれを感じています。 華やかな世界で生きている方ですから、華やかな魅力を感じるのだけど、その下にはもっと原始的なエナジーを内蔵していて、それがちらちらとたまに垣間見えるのが彼の魅力だと思っています。それが妙にハートのどっかに引っかかって残るんですよね。 それが良く分かるのが、彼が26歳の時の「インド横断 1万円 バックパックの旅」 だと思うんです。インドを7日間で西から東へ、資金1万円で旅するという企画。(インド行きを選択したのは彼自身です) お風呂にも入れず、資金の使い過ぎで半日以上歩いたり、お腹壊したり、拉致られそうになったり(笑)と誰が考えても極限状態なわけですが、旅を経るにつれ目がどんどん強くなってますますキラキラになって行く北山くん。(いや、本当に大変だったと思いますが)そこに彼の内側に潜む熱量の大きさを感じ、心底惚れ込んでしまいました。 この方は星読みで見ると蠍土星ベスタ合という珍しいアスペクトをおもちなんですが、土星はこの世界でなすべきこと、責任や義務を表しており、ベスタは犠牲や奉仕を表しています。蠍自体が『とことん』『一極集中』みたいなイメージの星ですから、星からも自分で設定したことに対して時間をかけても徹底的に取り組み、そして必ずやり遂げる・形にする気概が感じられます。 だいぶ先を見据えてこつこつと時間をかける忍耐力・持久力…、かといってガチガチに決めすぎない。その場の直観や流れを大事にする子供のようなピュアな柔軟性も彼は併せ持っていると思うのですが、そのバランスが本当に絶妙で魅力ある人だなあと感じています。熱くて泥臭くて、なのに凛とした風が通るような生きざまは、いわゆる男が惚れる男なんだと思います。私は女だけどさ、こういう人間になれたらいいなあってどこかで思ってるんですよね。 だから惹かれるんだろうな。ただのアイドルを通り越して、生き様モデルなんですよ。きっとこれからの人生の中でもふとした折に、今、彼はどう生きてるのかな?って見ていたくなる人です。 Anna

2015.4.29 『滝沢歌舞伎2015 10th Aniversery』(ネタバレ含む)

つい先日『滝沢歌舞伎2015 10th Aniversery』を観に新橋演舞場へ行ってまいりました。 こころのビタミン剤であるキスマイの北山君が出演する舞台。生で北山氏見るのも、ジャニーズの舞台を見るのも生まれて初めて。舞台自体を見に行くのも2013年の新感線の五右衛門ロック以来じゃないかな~。 東銀座の駅に殿(滝沢君)のご尊顔が^^ 変わらず綺麗な顔してるよね~~。新橋演舞場も滝沢歌舞伎仕様。歴史ある演舞場に入ることができたというのもほんとに幸せでした。 幕が上がって、奥から滝沢君・北山君・藪君の三人があらわれて「春の踊りはよーいやさー!」の掛け声から始まり、ワイヤーで垂直に飛んでいく三人にテンションだだ上がり!w一幕も二幕も息をつかせぬほどの舞台構成と内容で、まさにtheエンターテイメント。内容が和から洋、シリアスから笑いまで、キレッキレのダンスにアクションに、お芝居、歌、歌舞伎と、盛り沢山なのに、それぞれの繋がりがとても自然な流れで、タッキーのエンターテイメント力、構成力に圧倒されました。せりや回り舞台、ワイヤーなどの大掛かりな舞台装置をフルに使用した舞台を観るのは初めてだったので、ずっと「ふおおおお」ってゆってましたよw^^場面場面のセットや映像、音響も本当に素晴らしかったです~~。 そして一番感激したのは、なによりも全体の色調の美しさ!!それがとっても脳内に焼き付いております~。 お気に入りなのは「鶴の舞」という演目♡ 滝沢君は鶴王と姫の1人2役。我らが北山君は鶴の王に仕える親衛隊長のような役で、すごくよかった、可愛かったな~~。つるみつ(鶴の北山氏)イチオシ!鶴の恰好の皆様、淡いブルーと紫、シルバーの羽のついたキラキラの衣装でこれがとっても美しいの~~~♡ストーリーは藪君扮する狩人?侍?に姫を射殺された鶴王の怒りと悲しみを表現しているんだけど、とっても見ごたえありました。で、問題の藪くん(二階席に現れたので近くで見れましたっ^^)に弓矢で鶴の姫が射抜かれちゃうシーン、血しぶきみたいな赤い紙吹雪がハラリハラリじゃなく、『ドサーッ!!』って大量に降ってきて、淡いブルー・紫・シルバーの鶴たちが、その大量の紙ふぶきの上で踊るんだけど、踊るたびに返り血のように赤い紙吹雪が舞って、衣装にまとわりつく色のコントラストが、美しくて哀しくて…色彩で感情を表現できるんだなあと、感激しました。忘れられそうにありません。 あとねー、滝沢君の『お七』と『義経』でのみんなとの斬り合いも圧巻でした。お七はタッキーの人形振りもすごかったけど何より、お七が櫓に登って鐘を鳴らすところ、お七の心情が伝わるようで、うるうるきちゃった。真っ赤な舞台にお七の真っ赤な衣装の裾が広がっていて、これも目に焼き付いてますよ~~。義経は回り舞台やセットをフルに活用しての太刀回り、おまけにステージに雨まで降っていてすごかった~。梶原景時役の北山君、悪い顔しててまじで…かっこ良かった。弁慶を殺るときと、義経に切りかかった時の北山君…双眼鏡でガン見してましたw 絞り出すような『義経ぇ~~!』の北山君の声にぞくぞくしたわw雨の降りしきる舞台の上で、みんながどんどん斬られていくのがかなりリアルな感じで、辛くなってきちゃって涙が止まりませんでした。 舞台として最高だったのは言うまでもありませんが、北山君の魅力爆発な舞台でした。もっと時代物とかやってほしいな^^巨大書道(この日書いた文字は「絆」でした)や腹筋太鼓…半裸で腹筋しながらね、和太鼓打つというね、ファンにとってはサービスでしかないw…オトコだったわ~♡滝沢君とのデュエット曲も北山君のお声とローラースケートでくるくる回る姿、本当に素敵だったし、藪君やスノーマンとの絡みや、スパデリの変顔とかおふざけも可愛かった…なんか色々詰めこまれすぎていて、今すぐDVDで詳細をもう一回味わいたい気分です。DVD発売はシンガポール公演が終わってからかなあ。待ち遠しいよ(ToT) ↑お昼が食べれなくて幕間に食べた、さくらウーピーパイも美味しかった^^ あー、あとね。滝沢歌舞伎で、『綺麗は汚い汚いは綺麗』のマクベスの言葉を聞けたことと、白龍と黒龍の映像が混じり合って金龍になるところとかは個人的に反応しちゃいましたw しっかし、タッキーって歌舞伎、時代物にすごくハマルよね。我が家の祖母が時代劇好きで、よく一緒に観てるのですが、それこそ 「鼠、江戸を疾る」.や大河の「義経」、「雪乃丞変化」のタッキー好きでしたね~。帰宅して、100歳近い祖母にパンフレットを見せたら、滝沢君を指して「やっぱりイケメンだな~。ばあちゃんはこの顔が好き。」と北山氏に見向きもしてくれませんでしたわ。笑 ↑他のアーティストのライブとか行ってもあんまりグッズとか買ったことない私でしたが、ポスター以外の北山氏が映ってるアイテムはすべて買い占めました。給料日前だったのであきらめましたが、余裕があったらミニトートと扇子も買っていたかもしれない。自分で自分が恐ろしいっ。 ようやく生の北山君に会えたという事実も言葉にできないほど嬉しすぎる事実で、また、こういう素晴らしい芸術作品を観る事ができ、色んな刺激を頂けたことが一番の嬉しいポイントでした。このドキドキや感動、受け取った美しい色たちを、今度は自分が表現する世界に落とし込んでいきたいと思います。(アクセサリーとか)素晴らしい世界を見せてくれた出演者様、スタッフの皆々様に感謝です。 はぁ…語りつくせないなぁ…笑。 あっ!そしてこれ、演舞場の7月公演。いのうえ歌舞伎をこの三人で演じるですと!これ観た過ぎるでしょうよおおおお。やっぱ舞台はいいね^^ Anna