キスマイ
キスマイ

だいごまち

「大子町」と書いてだいごまち、おおこまちかとおもってました、すみません(笑)先週末、茨城にてとある用事があり、福島から南下して大子町のゲストハウスに一泊しました。 「丘の上のDaigo house」https://www.daigo-kanko.jp/post-639.html 私、ゲストハウスとかホステルとか大好きで、旅の宿はだいたいそういうかんじなのですが、こちらのお宿とてもよかったっっ。 静かで掃除が行き届いていて、まったりできる空間✨内装も肩肘張り過ぎないオシャレというか、ところどころに茨城愛とセンスを感じる素敵なもので。 ちょうど人も少ない時期だったのか、夜の共有スペースでコーヒー飲みながらまったりできて最高でした。到着も遅く、朝も早かったのであまり満喫はできませんでしたが、また茨城方面に来るときには利用したいです。 夜はやっぱり関東、12月でも暖かいな~なんて思ってたけど、朝は霜が降りていて、とっても寒かった~。大子町もなんだかおもしろそうだから今度はじっくり散策したいな。 というか…この記事書きながらそういや大子町ってキスマイのPVロケ地だったような?って思い出して、、調べたらロケ地のひとつはお宿からすぐ下の道路だった。。。orz思い出してたらもっとちゃんと写真撮ったりしたのにな。それにしても知らずこの宿を引き当てた自分、すご(笑) Kis-My-Ft2 / 「君を大好きだ」スペシャルティザーMOVIE

2018.7.14~15 Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 「Yummy!! you&me」at 西武ドーム

7月の半ばにKis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 「Yummy!! you&me」の西武ドーム公演、初日と2日目に行ってまいりました。その記憶を少し綴ろうと思います。前回の東京ドーム公演についての記事が要点まとめてなさすぎて、読み返したら相当鬱陶しかったので(笑)ごくごく簡単に。西武が終わってから仕事やプライベートが忙しくて、まだ8月ですけど、すでに今年の夏が終わった。。という感覚です。夏の西武、思い返しても本当に楽しかったなぁ。 当日会場に着くまでは、半野外のような会場、天候や暑さなどとても心配でしたが、なんだか野外フェスみたいでめちゃめちゃ楽しかったです。初日は北山担の友達と入ったのですが、開演前に焼き鳥食べたりしたのもお祭りみたいで良かったし、たまたまお隣の席の2人も北山担で4人で北山君が何かするたび絶叫していてたいへん楽しかったです。お二人は愛媛(お一人は離島)からいらっしゃったとか、豪雨の影響は大丈夫だったのでしょうか。 初日は1塁側メインステージの真横あたりのスタンドの後方だったのですが、東京ドームと比べたらスタンド後方でも、メンバーとの距離がとても近く感じました。ドームに夕日が差し込んでいるのもすごく美しかったし、外がだんだん暗くなっていく時間の移ろいを感じられるのも良かったです。心配していた暑さも、スタンドだったので風が思ったよりも入ってきて、案外大丈夫だったかな。汗はかなりかいたけどね。でもアリーナは暑そうだったなー。3塁側も西日が凄く差してたからそっちも辛そうだったな。何よりも暑い中、歌って踊って汗だくなメンバーたちのことのほうが心配だったけどね。こまめに水分とったり、MCでキスマイちゃんが水分補給の乾杯をやってくれたりして、会場もtwitterとかでみんながみんなを気遣って乗り切ろうみたいな空気感があって、なんだかすごくあったかい感じがしたよね。 2日目は帰りのバスの時間があったので、アンコール前に会場を後にしたのだけど、ドームからアンコールの音が聞こえてくるのをバックミュージックに電車に乗り込むのも、いつもなら寂しいんだけど、なんだかすごくほっこりとした気持ちになりました。 アリーナとか他ドームでの公演ある中で、やっぱり東京ドームが1番楽しいなぁと今までは思っていたけど、今年の夏、西武で過ごした時間は想像以上に楽しいものでした。西武ドームでまたコンサートあるなら行きたいなぁ。来年もあったらいいな。2016年のI Scream ツアーも楽しいツアーだったけど、それと同等かそれ以上に思い出に残ったツアーでした。 キスマイちゃん、スタッフの皆様今年のツアーもおつかれさまでした。素敵な時間をありがとうございます!(今更ですが) 来年はどんなツアーになるんだろう~。忙しい日々の中でどうしてもリアルタイムで彼らを応援できないこともあるけど、それでもキスマイちゃんのリリースやコンサートがあることがエネルギー源のひとつですよ。 今日は帰ったらキスマイちゃんのDVD見よ~っと^^

2018.6.15~17 Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 「Yummy!! you&me」at 東京ドーム

先日行って参りました。Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 「Yummy!! you&me」東京ドーム3日間。 去年のアリーナツアーも楽しかったけど、ドームはやっぱりいいなぁとしみじみ思う3日間でした。特効や照明を駆使した演出、大掛かりなステージセットはドームならではですね。2016年のツアーI Screamから2017年のMUSIC COLOSEUM、そして今回と構成や見せ方が無駄を省きながらもどんどんパワーアップ&進化しているように感じています。今回もとてもよく考えられた構成で、本当に休む暇なく、ずーーっと盛り上がることが出来ました。楽しいのバロメーターがボーダー越えた状態で最後まで続いていくというのは、なかなか味わえない本当に良い時間の過ごし方だと思います。キスマイちゃん、スタッフさん、とっても贅沢な時間をありがとうございます。 それとキスマイのコンサートに来ていつも思うのは、アイドル(偶像)の、何万人ものエネルギー(女性の恋愛感情のドロドロ含む)を一身に受け止めてパワーに替えることのできる胆力のつおさ。これ常人なら精神や肉体に異常きたすと思うのですが、魔術的な視点から毎度感服しているんだけど、こういう変態的な見方をしているのは私くらいですかね。笑 とにかく一言に纏めてしまうと『 すごくすごーーーく楽しかった!!! 』の、それ以上の感想でもそれ以下でもないのですが、一応記憶の新しいうちに見てきたものを記事に残しておこうと思います。  ネタバレ大いにある&クソ長いので隠しますね。

キスマイちゃんは私のエネルギー源!

今日から3日間、Kis-My-Ft2のコンサートを見に東京ドームにおります。自然の中とキスマイちゃんが魂の栄養。新しいうちわも作って準備はばっちり! キスマイちゃんの新しいアルバムについて久しぶりに記事書こうとか思っていたのに忙しくて、叶わぬまま、当日を迎えてしまいましたが、、 行ってまいります!たのしむ!ぞ!

Kis-My-Ft2 2017 CONCERT TOUR 『 MUSIC COLLOSEUM 』 at 朱鷺メッセ 2017.5.14

今更ですがKis-My-Ft2コンサートツアー2017「MUSIC COLLOSEUM」5月14日新潟昼公演に入ってきたことのレポなどを。 今回初のデジタルチケットだったわけで、賛否両論ありましたが、私個人としてはデジチケ賛成です。私自身あまり紙チケに思い入れがないというのもありますが、これからの時代、デジチケでないのは厳しいような。転売が減って一人でも多くの純粋なファンが公演に入れるような仕組みづくりをしてもらえたらと思います。ファン同士でチケットを交換できるような場を公式で作ってくれたりね。ほんと個人的なイメージだけども、ジャニーズはそういう部分はちょっと提供する方もされる方も化石化してるなあという印象があるから、どんどん改革&革新していってこれからの時代に柔軟に対応できる会社とファンであって欲しいと思います。(超個人的な意見なのであしからず…)キスマイちゃんの活動が限定的な場だけでなく、色んなボーダーを越えてもっと柔軟にできるような空気になって行けばいいな。 で、今回のコンサートですけれども、グッズやコンサート始まる前&中のスクリ〜マ~ズちゃんたちの再来も嬉しかったデス。Sha la la~の映像でスクリ〜マ~ズちゃんたちとはもう会えないんだと思いメランコリーだった去年の夏、今年も普通にいらっしゃって吃驚はしたけども(笑)このまま毎年スクリ〜マ~ズちゃんたち出てきてほしいです。 あ、あとペンライト!レポ見た時は神棚に飾る鏡そっくりだな!とツイートしてしまいましたが、すごく持ちやすくて機能的、ライトの発光具合もよくて感激しました。今までのペンラで一番良いと思っております。 今回自分たちのお席はというと、縦の導線B9ブロックの後方、いわゆる埋もれ席というやつでしょうか、…ほぼほぼモニターを眺めておりました。笑もともチビだし、双眼鏡かけても前の人の頭しか見えず、途中みえなさすぎて意識が遠くなる瞬間がありました。ドームのアリーナの埋もれ席も見え方こんななのかな。しかしながら全体的な構成や演出は今までのコンサートの中でも群を抜いて好きかもと(それでも去年のI Screamの素晴らしさは殿堂入りなのですが)冷静に思う自分もおり、はやく映像で細かいところ見たいなぁと思いましたね~。 VersuSとOneKissの演出とても素敵っぽいのですが、なにぶん見えないもので、よく見えたら興奮度も違ったかなと残念でしたが、OneKissからGravity、r.a.c.eに入る演出も格好良くてだいぶアガりましたです。 メンステにメンバーがいるときは全く見えず状態…でしたが、縦の花道寄りだったので、メンバーが端まで来てくれたときには、凄く近くて大興奮でした。北山君のダンス、神掛かっててどの曲か忘れましたが、目の前で曲初めにくるりとターンした時の背中が鮮やか過ぎて焼き付いてます。ダンスの時の体への神経の入れ方が神。(謎)そして宮っちのファンサ?を間近で見たのだけど、全力ピースと笑顔にとっても癒されました。藤ヶ谷君が何度か近くまで来てくれたのですが端まで来てくれそうで来てくれなくて(笑)一緒に入った藤ヶ谷担が嘆いていましたが、たった1回だけ横尾さんが至近距離&B9ブロック側に来てくれたのですが、その時の表情まだ覚えてるので、たった1回だけでもメンバーが至近距離に来てくれることの威力ったらないですね。 他の会場はどうか分りませんが、席によってはストレスの大小にかなり差がありそうでした。会場の広さの問題もあるけど、外周があったりしたらまた違ったのかなと思って見ました。そこはもう運かなと割り切っておりますが、ドームの時は何故かメンバーを近くに感じたのに遠く感じたのが不思議です。 席によっては非常に見えづらいというストレスさえなければ(そればかり言ってるみたいですいません)とてもいいコンサートだったと思います。ドーム公演はドーム公演なりの楽しさがあるけど、アリーナはアリーナなりの纏まりと楽しさがあるなと思いました。そして去年からのキスマイちゃんの進化がちゃーんと見られるコンサートでした。 あと今回何よりもGirl is mineと全力ファイター聞けたのが幸せでした^^特に全力ファイターはライブ感あるし盛り上がるし、絶対生で聞けたら楽しいだろうなと思っていたのでイントロ流れた瞬間はじけましたよ☆ アルバム&コンサート最後の曲をDream onで閉める感じも好きです。去年のI Scream Nightからの流れでもあると思うのですが、バラードではなく、少しメランコリックなアゲ曲(表現おかしい笑)で終わってゆく感じが、次への期待も感じさせていいなぁと思います。曲調と相まって爽やかな気持ちでラストを迎えられました。スクリ~マ〜ズちゃんたちのアニメーションも可愛かった。 私はあとは今回宮田担のハトコと横浜に入るのみなのですが、横浜でできればPIUのカップリングの『Up&Down and Up&Down,Yo Dance! 』 『Around the world』、それからアルバム通常盤収録の『Baby Love』聞きたいナ~~~。キスマイちゃんはカップリング曲とかが良曲すぎて勿体ないです。ずっと言ってるけど、キスマイちゃんの曲たちの中で1番目に好きなのは『Diamond Honey』(I Scream Nightが凌駕しつつあるけど)。 そして今回、衣装がどれも可愛い&格好良くて最高。これもどのコンサートの中でも群を抜いてると私は思っておりますよ。藤北お着替え後の白い衣装と、r.a.c.eの時の蛍光?グリーンの衣装が好き♡

(8/27追記あり)オリコンランキングとアイドルを楽しむといふこと。

一昨日、キスマイちゃんデビュー5周年目の17枚目のシングル「Sha la la☆Summer Time」が発売されました。オリコンチャートでデビュー以来、1位を獲得してきたわけですが、一昨日発売のシングルがオリコンデイリーで2位になってしまい、キスマイファンはTwitter等ですごくざわついております。んでもってそのデイリー1位を獲ったのが名古屋のご当地男性アイドルBOYS AND MENという人たち。 どうやら、メジャーデビューで紅白出場を目指す!というスローガンでメンバーもファンも推しに推してる様子。ジャニーズもびっくりの12形態でCDを発売、半年前から地方を回ってCD予約を取り、今週は毎日CD購入イベント、しかもそのイベントというのがCD1枚で握手、CD3枚買うと2ショット写真が撮れるという…1人30枚買うぐらいのレベルなファンもたくさんいるようで(間違った情報だったらすみません)アーティストとファンの努力と熱意は本当に素晴らしいもので、拍手を送りたくなります。 対してキスマイファンは、せめてウィークリー1位を取らせたいということで、一昨日あたりからオリコン加盟店で必死に追加購入していて、昨日のオリコンの累計ではなんとか1位を取り返しました。でもまだBillboardなどのランキングでは負けてるので、今週1週間が勝負かなと、まだまだ追加購入を検討しているヲタクだらけであります。 「募金じゃないんだから…。」「欲しいと思わせるものを作るのが仕事でしょ?無理やり買うの変じゃない?」 という至極ごもっともな意見も飛び交う中、それでも少しでもお金に余裕のある大多数は、追加購入して、Twitterでも彼らの名前とシングル名をたくさんツイートするという一致団結の様相。それは「5周年という祝いの季節に連続記録を途切れさせたくない。」という想いからなのかなぁと分析していますが、 「数字を残して、彼らが更に良いお仕事をたくさんできるようにしたい。」 っていう声も非常に多いように思います。 資本主義のパワーゲームの中でがっつり生きてる人達を好きになったわけで、その世界を純粋に面白いなあと思っているし、彼らにはそこで頂点を目指してほしいと思うけども、一方でメタフィジ畑に居た私はどちらかというと今まで男性優位主義(チカラがすべて)の世界に疑念を常々抱いてきたから、その枠を越えれないことにはどこか不満足でもあります。欲を言うのであればそれを越えて彼らが表現したいものを純粋に見たいとちょっぴり思ってはいます。 …けど、その制限されまくった枠の中で勝負することが彼らと、私を含め彼らを応援する人々のアイデンティティでもあるわけだということもことも知っていて。(彼らはそれぞれ輝く存在であることには違いはないのだから、既存のルールを越えてそれを提供できる存在であることも強く私は信じているけど。) 今までやりつくされた方法、体制や母体=芸能界やショウビズの世界のシステムなど…は決してベストなものではないだろうと思います、古いものに認めてもらわないと(チカラや数などで)輝くことすら許されない世界なのかもしれない。だからこそ、そのルールに従って頂点を目指すゲームをしているように見えるということが、なんだか今の世界の縮図みたいなものを見た気分でもあり、勝手に複雑な感情にはなるけれども、そういったものを越えたところ、もしくは根底には、「圧倒的な美やよろこびなどに感覚や魂を震わせたいという」欲求があるはずだし、本人達もファンもそれを求めてるはず。 その世界の中にいるからこそ見える景色もあるわけで、その中に居ながら、それを追求し折々に私たちに感動や喜びを味わせてくれる彼らのことを、この地球という制限されまくったステージに生きる人間として本当に尊敬しています。 アイドルは楽しむためのもので、応援するものではないという意見も見かけました。それはある意味間違いではないと思います。どれがいいとか悪いとかではない、エンターテイメント、そしてアイドルの楽しみ方は人それぞれ。 そんな中で私は、応援する楽しみ、みたいなものもあるよなぁということに、キスマイと出会って初めて気づきました。彼らがやりたいこと、挑戦したい事は全力で応援したい…それは、彼らがいろんなお仕事をして輝いてる綺麗な景色を見たいなぁという、ひどく個人的な想いからきているものだけど、CDが売れないというご時世、それが彼らにとってなにかの力になるならできる限りの範囲で協力したいなぁと、作品をきちんと汗水垂らしたお金で買いたいと、そう思うのでした。 量をいっぱい買うのが正義!とかそういうことを言いたいのでは決してなくて、でも時にはそういう応援の仕方もあっていいのではないかと、この件があって初めて思いました。だからと言って大量に購入して中古店に持ってくぐらいなら買わない方がいいとも思っていて、少しでもキスマイが気になってる人にプレゼントするとか、何かそういう心ある行為で応援することができたらいいよね。 そして何度も言いますが、人それぞれに色んな事情や応援の仕方があると思いますので、無理をしてまでコンテンツを買う必要はないですし、それの是非や良し悪しを議論したいのではないということだけをここに記します。 その昔、Last.fmというインターネットラジオがあって(今もあるのかな?)世界中のアーティストの楽曲が無料で流れており、そこで好みの楽曲を発掘して、そのアーティストのCDを買うというのがその頃の私の楽しみでした。でも日本の楽曲は著作権の関係などで殆どLast.fmに流れてなくて、そこで知り合った人と「音楽ヲタにとっては、曲をLast.fmに配信してくれることは、CD購入の意欲に繋がるだけでしかないのにね。」とよく話していたけど、今や時代はそうではなくなってしまったなと、そんな自分がまず特定のアーティスト以外のCDを殆ど購入しなくなったことで気付きます。昔は配信されたものをダウンロードするだけじゃ味気なくて嫌だったのに、それに抵抗感が殆どなくなっているという。(もちろん大好きなアーティスト=キスマイちゃん等の作品はきちんと手に残る形で欲しいけども)この短い年月で確実に音楽の世界は変わったなぁと感じます。アプリで気軽に音楽もダウンロードできちゃう時代だもんな…。その中でやはりCDが何万枚も売れていくということは奇跡にも等しいのかもしれない。ジャニーズが配信をしない限りは、CDなどのコンテンツを購入することに大きな意味があることは確かだと思います。 長々と話があちこちに飛びましたが、結局何が言いたいのかというと、最近の彼らと彼らのリリースするものがすごくいい感じだからほんといろんな人に知って見て感じでもらいたいということなのでした。こんなところでお目汚しすみません。 Kis My Ft2の「Sha la la☆Summer Time」夏の終わりを飾るのに相応しい、爽やかでちょっぴりおセンチなナンバー。久しぶりにMVで彼らの代名詞でもあるローラースケートを履いているのもとっても嬉しい、素敵な1曲です。 (追記) 8/26、MステでSPメドレー見ました。なんだか色々ゴチャゴチャ綴ったのが恥ずかしくなるぐらい、彼らのパフォーマンスが圧倒的に格好良くてしびれました。こうやって言葉のいらないものを見せ続けて行って、全ては杞憂だったと証明し続けてくれたら嬉しいし、きっと彼らはこれからもそうし続けるであろうと思った夜でした。 5周年本当におめでとうございます。そしてありがとうございます☆  ※関係ないけど昔から北斗七星とは魂のご縁を感じており、キスマイちゃんが北斗七星になぞらえていることにほんのり嬉しさも感じております。  Sha la la☆Summer Timeのレビューとリンクは下記から↓

Kis-My-Ft2 2016 CONCERT TOUR 『 I Scream 』 at 東京ドーム 2016.8.4~8.7

今更ですが、月の初めにキスマイIScream東京公演行ってきました~。日頃の布教活動ですっかりキスマイにはまってくれた宮田担の親戚と東京は7日最終日にのみ入る予定でしたが、お盆が出勤になる代わりに、東京公演にぴったり重なる形でお休みになりました。ダメ元で、最終日以外、1日だけでもご同行させていただける方を探していたら、あれよあれよという間に東京全日行けることになりました( ;∀;)お声がけ下さった優しい方々に感謝( ;∀;) 1公演だけでも見られれば…という姿勢ではおりますが、多公演入ることにより、各公演毎の変化を感じられるのはとても楽しかったです。こんなことは二度とないかもしれないのでほんと貴重な4日間でした。 大阪、東京と観て、繋ぎの部分や細かいところの演出も今回のツアー、改めて本当に良いなぁと思いました。Overtureの高鳴るパレードや、Shake it up の恐竜の電飾や小道具などとってもクラブ感があって楽しかったし、Flamingoから&Sayの間奏で二階堂くんが映像を背景に踊り、木が育って行くところなどはどこか抒情的で、そういうものも食い入るように観てしまいました。そして、客席のペンライトの光も、ある意味、演出の一つになっていて…たとえば玉森君のALIVEで客席が真っ白になったり、夕空ではオレンジになったりと、メンバーカラーだけでなく、曲のイメージで会場のカラーが変わるのも素敵でした。全体的にテーマとストーリーとそれぞれが繋がる必然性が感じられ、ステージと客席の一体感もある、ひとつのショーとしてとっても楽しいコンサートでした。 北山君のソロ曲は、ギターを失敗してしまうかもというハラハラがあって若干ドキドキしながら観ていた部分もあるのですが、大阪で聞いた時より純粋に曲の完成度が増していて、そういうドキドキを気にせず曲の世界にどっぷりのめりこむことができました。ペンライトの赤色の海でしっとり歌う姿にはとてもジーンとさせられました。どの瞬間か忘れましたが、改めて、私はアイドルとか男性としてとかではなく、人間「きたやまひろみつ」に惚れてるんだなぁと思う瞬間があって、それを感じて多幸感に包まれるような体験をしました。なんだかとても素敵な一瞬でした。この人から幸せをもらってるんだ、ありがたいぜ~~みたいな。(笑) はぁ…キスマイ好きだなぁ…ほんとみんなかっこいいよ…しみじみ。 彼らのかっこいいは、決して表面的なものだけじゃない。時間をかけて作り上げられたかっこいいは、これからこの先もどんどん進化し続けるんだろうな、その確信がますます強くなる…それを骨の髄まで味わったコンサートツアーでした。まだまだ浅いファン歴ではあるけれど、これからもそんな彼らの瞬間瞬間を追い続けて行きたいなぁ…、これだけ全力で好きと思えるものに巡り会えたのは奇跡だよなぁと、胸が熱くなった夏です。 「かっこいい大人になっていくから、俺達にずっと惚れててね。」 だいぶうろ覚えですが、そんなような宮田君の言葉があって、それが公演中も公演後も心の中にあたたかなものとして、ずっと残っています。  キスマイちゃん、北山君、スタッフの皆さん、お会いできた皆さん、最高の夏をありがとう^^♡ 余談ですが、今回、節約のために鶯谷のホステルのドミトリーに滞在していたのですが、二段ベッドじゃなくてシングルベッドが並んだ室内が、クミコハウスみたいで楽しかった(だいぶ綺麗で快適なクミコハウスだったけど、笑) そして大阪同様ほぼ毎日飲んでました。(幸せか)今回KAT-TUNコンサートに誘ってくれたHちゃんたちとコンサート終わりに2回も一緒に飲めたのもとても楽しい思い出になりました。キスマイのコンサートと共に私の夏は終わった感じがあるのですが、立秋が東京公演最終日だったからあながち間違いじゃないと思っております(笑)頭の中ではずっとアンコールのI Scream Nightが流れたまま、現実に戻ってきました。 三次元、頑張ります!!笑

Kis-My-Ft2 2016 CONCERT TOUR 『 I Scream 』 at 京セラドーム 2016.7.2~3

先日大阪にて行われたコンサートに姉妹で行ってきました。もうかなり昔の事のように感じますが、まだ1ヶ月経ってないんですよね。不思議~。思い返してちょこっと綴ってみようと思います。色んな方のレポほど詳細な事は何一つ綴っておりませんが、それでもネタバレもチョロチョロあるので、残りの公演まで真っ新な気持ちでいたい方はどうぞお気を付けください。 今回のコンサート、何よりもアルバム「I Scream」が本当に大好きなので、アルバムの曲が聞けることとにかくが純粋にたのしみでした^^全体的な印象として、ますますバラエティに富んで、アルバム同様、I Scream のタイトルの元に、たくさんの要素がとってもうまくまとまっているな~という感じ。定番の曲もありながら、いつもよりアルバムの新曲が引き立つような構成に感じました。 ツアーをナビゲートしてくれた、イメージキャラクターでもあるスクリ~マ~ズもとっても可愛かったし、オーバーチュア―で、メンバーが仮面に黒いマントを着けて登場するところ、背中についたひらひらが揺らめくのが、妖しく幻想的で視覚的にも面白く、冒頭で何段階にもぐぐっと引き込まれる感じがありました。 個人的なお気に入りは和太鼓のパフォーマンスからPSYCHO~Black or Whiteの攻め曲の流れ。とにかく格好良すぎてしびれました。PSYCHOはアルバムを聞いた時に、和のテイストが入っていたので、ぜひKAT-TUN先輩みたいな艶っぽい和の世界を!!と思っていたのですが、「あ~ッ!キスマイの表現する和ってこういう感じなんだ~~~!!!」と。予想を裏切られたのですが、それがとってもオトコっぽくて、衣装含めキスマイ「らしい」色気で感動しました。北山君の和太鼓、魂こもっててムネに熱いものこみ上げたし、7人連なって和太鼓をたたく姿には魂の古い記憶を揺さぶられるようなものがありました。この一個分隊連れてたら最強だなっていう謎の思いがよぎりましたよ。笑 更には、藤ヶ谷君と北山くんの「& Say」。なかなかに難しい曲だと思うのですが、それをさらりと歌い上げガシガシ踊る2人にとっても感激しました。FIRE!!!から証、& Sayへと進化を遂げて、本当に2人にしかできないパフォーマンス、藤ヶ谷君のグランジっぽい衣装とトライバルなテイストの北山くんの衣装の対比もかっこよかった。 それから絶対外せないのはFlamingoとI Scream Night。Flamingoはオレンジの衣装、カゴに見立てたセット…マイクスタンドでしっとり歌い上げるのが歌詞の世界観ともマッチしてとてもお洒落。I Scream Nightはアンコールの最後で、水の演出でメインステージでびしゃびしゃになって飛び跳ねてるメンバーを見て、一緒に水を浴びたような気持になりまして、とっても幸せなひと時でした。会場とステージの一体感が心地よかった。フェスとかクラブっぽくて、歌詞にもあるように本当に、まだ終わらせたくない~~って感じで、静かに頭を振ってました。I Scream Night中毒に罹って夏のメランコリーに苛まれているのは私だけではないはず。良すぎるから、歌番組でも歌っていったりしてもっと日の目を浴びて欲しいなぁ。  いつもある大喜利や、定番のFireBeatもKis-My-Callingもなかったとtwitterで嘆いてらっしゃる方もいたけど、年数を重ねて毎年新しい曲とアルバムを次々と発表する中、どこをカットしてどう新しいものを入れるかというのはとても難しいことのように思います。今回、既存の曲よりアルバムの新曲のほうが個人的には心のバロメーター上がった感覚があって、それって新しいアルバムを引っさげてのツアー としてとても正しい感覚だと思いました。従来の流れを引き継ぎながら、新しい風を少しずつ入れていく、懐古ではなくこれからへ向けての挑戦なんだと思いました。滝ちゃんねるで5年目で1度原点に戻りたいと言っていた北山くん、キスマイの原点とは何なのか、それはより高い所をめざし挑戦し続ける力なのかなと感じました。 最後に、今回のツアーグッズ~~。パンフレットとうちわ、Tシャツのデザインが秀逸で感激しました~~!おしゃれ!特にパンフレットは、とりあえず買うけど1回読んだらお終いみたいな感じがあるのですが、これは写真も素敵だし、読み込む要素もすごくあって、何度でも 見返したくなる5周年にぴったりの素敵なパンフレット。1曲ごとに7人がコメントを寄せているのも嬉しかったです。 というか今回のツアー、北山君の魅力爆発しすぎじゃないですか?!(とにかくそれだけ二重線で言いたい)コンサート後に飲んだお酒が最高に美味しかった。。♡ 来週は東京公演ですね☆それが終わったら、福岡ですけど、さすがにお仕事やお財布事情等々で福岡まではいけないので東京が私の中でのラスト。楽しみだけどもうI Scream Night生で聞くのが最後かと思うと当日を迎えたくないような複雑な気持ちです。。

Kis-My-Ft2 5th album 【 I Scream 】

とうとうキスマイ、夏のツアー始まりましたね~~。私も大阪2日間行ってきました、ほんっとーに楽しかった!!レポは後日するとして、6月22日に発売されたキスマイデビュー5周年のアルバム、「 I Scream 」について記事を綴ってみたいと思います。 思えば、キスマイの音楽的な部分についてここで触れるのは初めて。というのも、キスマイに関しては少々客観性を失った状態でのめり込んでいるので(笑)改めて紹介するのはどうやってもステマでしかないような気がしていたのです…が!…むしろ今回は積極的にステマしたい!と思える、彼らのメジャーデビュー5周年のアルバム「I Scream」、それぐらいイイ!のですよ。 まず今回のアルバムは、テーマとコンセプト、収録曲、特典映像、パッケージのデザイン等、全体のバランスとボリュームがとっても良いなぁというのを感じました。たくさんの要素を1つにまとめあげることはとても難しいと思うのですが、叫び(スクリーム)たくなるような曲から、アイスクリームのように甘くて蕩けそうな曲が7人の個性を活かしながら「I Scream」というタイトルの元にうまく集約されており、とても完成度の高いアルバムに仕上がっているように思います。 アルバムの収録曲は、いつものようにovertureで幕を開け、夏の壮大なパレードをイメージさせるリード曲の「Yes! I Scream」。クラブミュージック風なお洒落で今っぽいサウンドの「Summer Breeze」「Flamingo」「I Scream Night」など、一聴にはジャニーズっぽくないような曲たちから、「メガ☆ラブ」や「MU-CHU-DE恋してる」の可愛い王道アイドルソング。また、メンバー全員で歌詞を書きあげたファンレターへの返信である「Re:(あーるいー)」、「夕空」や「NOVEL」などの聞かせるバラ―ド。攻め系で尖った曲ができるのがキスマイの持ち味だと思うのですが、そのラインの更に進化を感じる「PSYCHO」や藤ヶ谷君と北山君のリードボーカル二人の「&say」など。これだけでもバラエティに富んでいるのはお分かり頂けると思うのですが、それだけでなく、さらには限定盤にはメンバーそれぞれのソロ曲とソロMVがついているという、豪華すぎるぐらいの内容なのですが、それらのバランスが胃もたれすることもなくヒジョーに良いバランスでおさめられてるなあと個人的には感じるのです。 とにかく、彼らそれぞれの個性、経験と努力に裏付けられた質の高い魅力あふれるパフォーマンスを5周年のアルバムで、これでもかと見せつけています。今までのアルバムにそれを感じなかったわけではないのですが、時間も労力もお金もかけて良いもの作ってます!というのが強く感じられます。やっぱり作り手の愛情や手間みたいなものが感じられるものはいいですね。 キスマイって泥臭いところ、(ディスってはないよ)が持ち味でもあると思うのですが、泥臭いことをしっかりやってるからこそ軸というか根っこがとっても強くって、全力でカッコイイやった時にむちゃくちゃ綺麗な花が咲くんだなあと、今回のアルバムを通して改めて感じました。フェイクじゃない本物のかっこよさというか。 今までに積み重ねてきたものを踏襲しながらも、新しいことにも挑戦、進化が見れるアルバム。ファンにとって大事な1枚になるのは間違いないと思うのですが、とても聞きやすくエンターテイメントがぎっしり詰まっている1枚なので、ファン以外の方にも1度手にとって聞いてもらいたいなあ~と僭越ながらそう思っておりマス。 ちなみにジャケットのメンバーの写真はデビュー以来ずっと撮り続けてくれているレスリー・キー氏で。レスリーによって引き出された彼らの魅力たっぷりのスクリーム顔がとってもかわいいのです。レスリーのお写真すきー ↓曲の感想などは続きで。(7/8書きかけです)

2016.5.17 TAKE FIVE2 赤坂actシアター

5月17日、藤ヶ谷君主演のTAKE FIVE2を観劇してきました。 この日は、藤ヶ谷担の妹とそしてご縁を頂いた藤ヶ谷担のK様と共に観劇。私がキスマイにはまったキッカケは妹なわけなのですが、彼女は旦那の仕事の都合で海外と日本を行ったり来たりで、タイミングが悪くてツアーや舞台などで生でキスマイを観たことはなく、この日が初のナマヶ谷なのでした。笑 TAKE FIVEシリーズはドラマも前作も観ておらず、今回のtwitterなどのレポもほぼ見ない状態で観劇したため、楽しめるかどうかとても不安だったのですが、前作を観ていなくてもとっても楽しめる内容でした。ストーリー構成がしっかりしていて、とても分かりやすく、また、LEDパネルに映し出される映像と、実際の役者さんの演技のコラボレーションが素晴らしくて、2階席の後方だったのですが、遠いと感じることもなく、時間が経つのがあっという間のほんっとーに楽しい時間でした。 LEDパネルを使った演出の効果か、何というか「舞台」というより映画やドラマを1本観ているような不思議な感覚でもありました。舞台のごちゃごちゃな感じが好きだったりもするので、そこがちょっと物足りない感じもあったけど想像以上に楽しい舞台でした。 ストーリーは、藤ヶ谷君演じる帆村守とその仲間達が近未来と現代を行き来し、ウィルステロを止めようとするSFチックなお話。 藤ヶ谷君演じる帆村守と真宮秋の二役のキャラクターがどちらも魅力的で、藤ヶ谷担出ない私も少々前のめりになりながら観劇しました。笑 ヒロインの新川優愛さんや朝倉あきさんなどの女性陣は可愛らしく華があり、そして宝塚出身の安蘭けいさんのテロリスト・海堂レン役はとっても格好良かった。すらりとした手足から繰り出されるアクションシーンは圧巻でした。海堂のテロリストになった経緯とか少しだけ語られるシーンがありましたが、折角なら深く掘り下げて欲しかったかなあ、もっと出演シーンがあればよかったのに~と思っちゃいました。残念!山本裕典君や駿河太郎さん、猫背椿さんのコミカルなお芝居にもとっても笑わさせて頂きました。特に山本君はキスマイネタをたくさんアドリブで入れてくれて、圧倒的に藤ヶ谷君のファンの多い客席のツボ掴んでるな~と思いました^^ そして藤ヶ谷君のダンスソロのパートがこれまた素晴らしくて、隣の席に座っていた藤ヶ谷担2名が小さな悲鳴を上げていました。笑 あっという間のお芝居、大満足で赤坂の駅で電車を待っていると70~80代ぐらいの白髪のおばあ様が、「この電車は○○駅に行くかしら」と訪ねてきて、スマホで検索して差し上げたのですが、どうもそのおばあさま、TAKE FIVE2帰りだったようでした。なんだかほっこりしました。 これ3もあるのかな~。そんなことを匂わせる千穐楽だったみたいだけど、来年もあったらまた守くん(藤ヶ谷くん)に会いに行きたいと思います。やっぱり生のお芝居、舞台っていいね^^楽しかった~。 帰りにactシアターの前で「コインロッカー・ベイビーズ」のポスターをぱちり。えびちゃん(A.B.C-Z)たちは、とっつー(戸塚君)の「寝取られ宗介」しかり、面白そうな舞台でてて凄い羨ましいー、キスマイもこんな感じのに出てくれればいいのにと思うこの頃です。商業ベースも大好きだけど、ほんとの好みはこっちなんだよ~。汗のつぶがギラギラ光って泥臭い、そんな生っぽいものが。 個人的にキスマイって、かゆいところになかなか手が届かないじれったい感じがあるので(笑)でもそれが次への期待値になって目が離せないのかもしれないな~。でも、もっともっと剥き出しの彼らのお芝居や舞台を観たいな。願い続けよ~~ …なんて、余談でした(笑)