ひび割れた玻璃の上を血だらけになって歩くのが不完全な生き物の運命だというのなら。
ひび割れた玻璃の上を血だらけになって歩くのが不完全な生き物の運命だというのなら。

ひび割れた玻璃の上を血だらけになって歩くのが不完全な生き物の運命だというのなら。

 「この星は、」

開かないドアを打ちつけるように強く誰かが叩いた。

乾いた砂混じりの真昼の月に、すがりつくように血がにじんで、

そうして半透明のオパールのしずくが辺りに散った。

叫びは痛いぐらいに清らかだった。

また誰かが死んだんだ。

弔いのために明日、誰かが高台でくすんだ赤色の旗を振るか。

この痛みを、僕らは一体何世紀ぐらい忘れないでいることができるだろうか。

時の番人は変わらぬ眼差しで僕らと僕らの孫の、そしてその孫の時代も見つめ続けるだろう。
全ての痛みは『生きる』ためには、忘却してしまったほうが安心だ。
けれども忘れた方がいい痛みなんてこの世にあるのか。

僕は学習したいよ。

だっていつまでたっても薄い玻璃のような地表の上を、そろりそろりと歩く僕らだ。
踏み抜いてしまえばそこは暗闇。
落ちていったあの子は救われたのか。だあれもしらない。
そして僕らもいつかは落ちてゆく運命なのか。
耳を澄ませば玻璃の向こう側から、吸い込まれていった星々の、囁きが聞こえるのに。
その囁きを無視して、僕らはいったいどこへ向かうというのだ。

誰のものなの、救い主はどこなの、

あなたは笑っているの、泣いているの。

僕らは同じではないの?

愛し愛されることを求めているのではないの?

Anna ( 2015.3月 )

photo from Unsplash

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA